小島孝之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小島 孝之(こじま たかゆき、1943年10月16日 - )は、中世日本文学研究者、東京大学名誉教授。

東京都立川市生まれ。1972年東大国文科卒、1977年同大学院博士課程中退、実践女子大学専任講師、1980年立教大学助教授、1987年教授、1994年東大教授、1999年『中世説話集の研究』で東大文学博士、2006年定年退職、名誉教授、成城大学教授。2014年定年退職。第4回日本古典文学会賞受賞。

著書[編集]

  • 中世説話集の形成 若草書房, 1999

編著[編集]

  • 異文化理解の視座 世界からみた日本、日本からみた世界 小松親次郎共編 東京大学出版会, 2003
  • 説話の界域 笠間書院, 2006

校注・訳[編集]