小島周二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小島 周二(こじま しゅうじ、1948年(昭和23年)10月28日 - )は、日本の放射線生物学者薬学者薬学博士東北大学、1981年)[1]東京理科大学薬学部教授。低線量放射線に対する生体の適応応答の研究で知られる。

業績[編集]

低線量放射線照射によって、抗酸化物質グルタチオンの血中濃度とナチュラルキラー活性が上昇することを見出した[2]。また、放射線誘発バイスタンダー効果アデノシン三リン酸(ATP)が細胞間シグナル伝達分子として関与することを示した[3]。その他、がん関連抗体を用いたがんの放射免疫学的診断と治療、生体内プテリン化合物の抗酸化活性評価などの研究でも業績を残している[4]

略歴[編集]

神奈川県横浜市出身。1973年東京理科大学薬学部卒業、1975年千葉大学大学院薬学研究科修士課程修了[5]帝京大学薬学部講師、東京理科大学生命科学研究所助教授などを経て、2001年東京理科大学薬学部教授[5]

1999年科学技術庁長官賞(科学技術庁)受賞[5]

大学等放射線施設協議会の理事、放射線計測協会の理事、日本アイソトープ協会の学術諮問委員、Isotope News誌編集委員長などを歴任した[4]

著書[編集]

脚註[編集]

  1. ^ Radiorespirometryに関する基礎的研究-14C標識glucoseを基質としたRadiorespitrometric patternと肝障害-
  2. ^ Shuji Kojima, Hirokazu Ishida, Mareyuki Takahashi, and Kiyonori Yamaoka (2002) Elevation of Glutathione Induced by Low-Dose Gamma Rays and its Involvement in Increased Natural Killer Activity. Radiation Research: March 2002, Vol. 157, No. 3, pp. 275-280.
  3. ^ Mitsutoshi Tsukimoto, Takujiro Homma, Yasuhiro Ohshima, and Shuji Kojima (2010) Involvement of Purinergic Signaling in Cellular Response to γ Radiation. Radiation Research: March 2010, Vol. 173, No. 3, pp. 298-309.
  4. ^ a b Shuji Kojima (2014) Effect of Ionizing Radiation on the Living Body. YAKUGAKU ZASSHI, Vol. 134, No. 2, pp. 155-161.(日本語)
  5. ^ a b c 小島 周二 | 教員プロフィール | 東京理科大学