小山貞夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小山 貞夫(こやま さだお、1936年5月20日 - )は、日本法学者。専門は西洋法制史東北大学名誉教授。出身は神奈川県横浜市

略歴[編集]

略歴は以下のとおり[1]

  • 1955年03月 - 栄光学園高等学校卒業
  • 1959年03月 - 東北大学法学部卒業
  • 1959年04月 - 東北大学法学部助手
  • 1963年05月 - 東北大学法学部講師
  • 1964年04月 - 東北大学教養部講師
  • 1969年03月 - 法学博士(東北大学)(学位論文「中世イギリスの地方行政」)
  • 1972年04月 - 東北大学法学部助教授
  • 1975年04月 - 東北大学法学部教授
  • 1992年04月 - 東北大学大学院法学研究科長・法学部長(1994年3月まで)
  • 1998年04月 - 東北大学副総長(2000年3月まで)
  • 2000年03月 - 東北大学定年退官
  • 2000年04月 - 関東学園大学法学部教授、東北大学名誉教授
  • 2002年04月 - 関東学園大学大学院法学研究科長・法学部長(2003年3月まで)
  • 2010年12月 - 日本学士院会員[2]

恩師[編集]

指導教官は世良晃志郎

著書[編集]

単著[編集]

共編著[編集]

訳書[編集]

記念論文集[編集]

  • 『西洋法制史学の現在 小山貞夫先生古稀記念論集』(創文社, 2006年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 小山貞夫 コトバンク
  2. ^ 小山貞夫 日本学士院