小山田大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小山田 大(こやまだ だい、1976年8月23日 - ) は鹿児島県姶良市(旧:姶良郡蒲生町)出身のプロフリークライマー。身長165cm、体重58kg。近年特にボルダリングの分野においてThe Wheel of Lifeの初登、Dreamtimeの再登などの成果を残しているが、ルートクライミングにおいてもAction Directeの再登などオールラウンドな力を持ち、世界のトップクライマーの一人である。[1]

日本における高難度課題の開拓だけでなく、積極的に海外の有名ボルダー課題の再登にも取り組み成果を残し、世界からも高い評価を受けている。[1]

経歴[編集]

  • 1991年、15歳のとき、地元の山岳会との遭遇をきっかけに独学でクライミングを始める[2]
  • 1995年、高校卒業と同時にクライミングが盛んな欧州へ渡る。経験を積むため、「やるからには一流にならないと意味がない」と思い立った。[2]
  • 1996年、帰国後に臨んだ全日本選手権・東京有明大会で、当時トッププロとして独走していた平山ユージ相手に優勝を果たす。これをきっかけに世間に名が知れわたる[2]
  • 2006年檜原村神戸岩にて国内難関ボルダー課題(オロチV15)初登。
  • 2007年塩原にて、国内最難ボルダー課題(バベルV15/16[※ 4])初登。
  • 2009年1月、鳳来にて国内最難ボルダー課題(エピタフV15[※ 5])初登。「10手以内の純粋なボルダーとしては国内最難」とコメント。
  • 2009年12月5日、横浜市都筑区佐江戸町(最寄駅:JR横浜線鴨居駅)に小山田大総合プロデュースによるクライミングジム"プロジェクト"がオープン。
  • 2010年5月13日、スイス・クレシアーノにてStory of Two Worlds(V16?)を第2登。この課題はデイヴ・グラハムが2004年に初登して以来、数々のトップクライマーの挑戦を跳ね除けてきた課題で、オリジナルグレードはV15(「新しいV15のベンチマークとする」とコメント)だったが、そういった経緯でV16にアップグレードされた。ダガー(V14)のシットスタートで、ダガーの前半によりハードな7手のV14が加わる課題。小山田自身は「感覚だとV15/16かV16」とコメントした。
    • また、小山田はこのツアーでthe Dagger(V14)、remembrance of things past(V14)、from shallow water to river bed(V14)、new base line(V14)、doctor pinch(V12・フラッシュ)等、驚異的な成果を上げている。
  • 2016年10月30日、9月中旬から滞在していたドイツのフランケンユーラにて corona (9a+/5.15a) を完登。
    • このツアーでは the essential、the elder statesman、the house of shock、unplugged と 4本の 9a(5.14d) も完登している[3]
  • 2017年4月4日、下呂・中山七里で国内初のV16″那由多”を初登。課題は、共に小山田初登の”涅槃那”五段と”プレセム”五段ーを繋げた全27手。国内で、V16とグレーディングされたボルダー課題が発表されるのは初めて[4]

エピソード[編集]

  • 指輪のサイズが35号と大きく、岩をつかむように筋肉がついているため、平らなところで手を広げるとまっすぐに広がらない。これに対し、本人は「職業病ですね」と笑っている。[2]

脚注[編集]

  1. ^ The Wheel of Life:全長30m、80手にもなる超ロングボルダー。
  2. ^ Dreamtime:フレッド・ニコル初登。数々のトップボルダラーが登っている。現在はV14とされている。
  3. ^ Action Directe:ウォルフガング・ギュリッヒ初登。1本指のランジで始まり、指が1本か2本かかる浅いポケットが連続する、非常にパワーを使うルート。
  4. ^ バベル:カタルシスからユーマを経由し、ハイドラへ抜ける、野立岩ルーフ最難のリンク課題。30手。
  5. ^ エピタフ:顕著な前傾壁にあり、極小ホールドでハードムーヴを強いられる、実質8手の課題。小山田は、自身のブログや誌面などで「不可能プロジェクト」と呼んでいた。

出典[編集]

  1. ^ a b “世界最強のボルダラーと呼ばれる小山田大”. FINEPLAY. (2014年5月24日). オリジナル2015年11月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151123143503/http://fineplay.me/archives/1165 2016年4月20日閲覧。 
  2. ^ a b c d “第6回 プロフリークライマー 小山田 大 Dai Koyamada”. 『type(タイプ)』2007年10月号、キャリアデザインセンター. オリジナル2014年8月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140817063355/http://type.jp/s/kakokiji/type/0710_sport.html 2016年4月20日閲覧。 
  3. ^ “小山田大、ドイツ・フランケンユーラで”corona(9a+/5.15a)”を完登”. CLIMBING-net/山と溪谷社. (2016年11月19日). オリジナル2016年11月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161123114949/http://www.climbing-net.com/news/%E5%B0%8F%E5%B1%B1%E7%94%B0%E5%A4%A7%E3%80%81%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%83%B3%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%81%A7corona9a5-15a%E3%82%92/ 2016年11月23日閲覧。 
  4. ^ “【速報!】小山田大、国内初のV16″那由多”を初登”. CLIMBING-net/山と溪谷社. (2017年4月6日). オリジナル2017年4月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170409061025/http://www.climbing-net.com/news/%E3%80%90%E9%80%9F%E5%A0%B1%EF%BC%81%E3%80%91%E5%B0%8F%E5%B1%B1%E7%94%B0%E5%A4%A7%E3%80%81%E5%9B%BD%E5%86%85%E5%88%9D%E3%81%AEv16%E9%82%A3%E7%94%B1%E5%A4%9A%E3%82%92%E5%88%9D%E7%99%BB/ 2017年4月9日閲覧。 
  5. ^ "第4回 博士と助手~細かすぎて伝わらないモノマネ選手権~". とんねるずのみなさんのおかげでした. フジテレビ. 2005年5月12日放送.

外部リンク[編集]