小山正 (映画評論家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

小山 正(おやま ただし、1963年 - )は日本テレビプロデューサー日本テレビ放送網)、ミステリおよびミステリ映画評論家

人物[編集]

東京都出身。慶應義塾大学卒業。大学では慶大推理小説同好会に所属。妻はミステリ作家若竹七海バカミス概念を提示したことで知られる[1]

制作番組[編集]

日本テレビのテレビプロデューサーとして制作した主な番組には、

などがある。

著書[編集]

  • バカミスの世界―史上空前のミステリガイド 小山正とバカミステリーズ編(福井健太杉江松恋霜月蒼共著) ビーエスピー 2001/1
  • 英国ミステリ道中ひざくりげ 若竹七海共著 光文社 2002/7
  • 越境する本格ミステリ―映画・TV・漫画・ゲームに潜む本格を探せ! 日下三蔵 (共同監修),扶桑社 2003/4
  • ジム・トンプスン最強読本 池上冬樹,小鷹信光, 中条省平, 霜月蒼共著 扶桑社 2005/7
  • バカミスじゃない!?―史上空前のバカミス・アンソロジー 小山正 (編集) 宝島社 2007/6
    • 『天地驚愕のミステリー』『奇想天外のミステリー』として宝島社文庫 2009/8/6
  • ミステリ映画の大海の中で アルファベータ(叢書・20世紀の芸術と文学) 2012/11/3

脚註[編集]

  1. ^ バカミスの世界:小山正ほか著、ビー·エス·ピー、2001年