小山昇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小山 昇(こやま のぼる、1948年 - )は、中小企業のコンサルタント業務と、ダスキンフランチャイズ事業を行う株式会社武蔵野の代表取締役社長。山梨県出身。東京経済大学経営学部卒業。

全国の経営者でつくる「経営研究会」主催。

コンサルタント事業では、現在パートナー会員700社以上の会員企業を指導している。日本経営品質賞受賞の軌跡、中小企業のIT戦略、実践経営塾、実践幹部塾と、全国で年間240回以上のセミナーを行なっており、講演は明日からの仕事に役立つように、と実務を中心に展開される。

2000年日本経営品質賞、2010年国内初日本経営品質賞2度目の受賞。

自身が経営している株式会社武蔵野で実際に成功している経営哲学を基にして、経営に関する数多くの書籍を出版。カリスマコンサルタントとして有名な一倉定氏に師事し、その中からオリジナルで「手帳型経営計画書」を考案。経営計画書を実用的な道具として全国の中小企業経営者に広まっていくきっかけを作ったことから「一倉定の後継者」とも言われている。

また、パチンコや競馬好きで、「パチンコと経営は同じ」と主張している。その一方でタバコに関しては徹底的な禁煙の姿勢を見せている。タバコを吸わない、タバコを辞めた社員には手当を支給するようにして社員の健康に配慮している。

全社員にiPhone、iPadを支給し業務効率化を図っている。なお、小山昇のコラムでは2010年に販売開始されたiPadを1993年に初めて見たと言っているがiPadはプロトタイプが2002年に作られており、1993年に発売されたものにはニュートン・メッセージパッドというアップル社の携帯情報端末と混同している可能性がある。

従業員アンケートでは従業員満足度89.5%(2017年)という高い数値を出しており、社員のみならずパートやアルバイトやその家族からの信頼も厚い。

環境整備、経営計画書といったアナログに重きを置きながら、残業対策として全社員にiPhone、iPadを支給し業務効率化を図るなど、ITの導入にも積極的に取り組んでいる。

主な著書[編集]

  • 『仕事ができる人の心得』(CCCメディアハウス)(1996年
  • 『「儲かる仕組み」をつくりなさい』(河出書房新社)(2005年
  • 『強い会社をつくりなさい!』(CCCメディアハウス)(2006年
  • 『社長! 儲けたいなら数字はココを見なくっちゃ!』(すばる舎)(2007年
  • 『朝30分の掃除から儲かる会社に変わる』(ダイヤモンド社)(2007年
  • 『「決定」で儲かる会社をつくりなさい』(河出書房新社)(2007年
  • 『強い会社はどんな営業をやっているのか? 』(あさ出版)(2014年
  • 『IT心理学』(プレジデント社)(2016年)
  • 『残業ゼロがすべてを解決する』(ダイヤモンド社) (2016年)
  • 『小山昇の超速仕事術』(PHP研究所)(2016年)
  • 『小さな会社の儲かる整頓』(日経BP社)(2017年)
  • 『儲かりたいならパート社員を武器にしなくちゃ』(KKベストセラーズ) (2017年)
  • 『成果を上げながら「残業ゼロ」で帰れるチームの作り方』(宝島社)(2017年)
  • 『絶対会社を潰さない社長の口ぐせ』(KADOKAWA)(2017年)
  • 『新卒採用力が会社の未来を決める!』(マネジメント社)(2017年)
  • 『数字は人格』(ダイヤモンド社)(2017年)
  • 『チームの生産性を最大化するエマジェネティックス®』(あさ出版)(2018年)
  • 『会社を絶対ダメにしない社長の「超」鉄則』(大和書房)(2018年)
  • 『利益を最大にする最強の経営計画』(KADOKAWA)(2018年)
  • 『人を動かしたいなら「やれ」と言っていけない 思い通りに部下が動く“すごい”伝え方』(SBクリエイティブ)(2018年)

ラジオ番組[編集]

  • 武蔵野プレゼンツ 小山昇の実践経営塾(ラジオNIKKEI第1放送 毎週木曜 12:15~12:30、2011年5月5日 - )

外部リンク[編集]