小山八幡神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小山八幡神社
Koyama hachiman shinagawa.JPG
参道入口
所在地 東京都品川区荏原7-5-14
主祭神 誉田別尊
社格 村社
創建 長元3年(1030年)頃
札所等 荏原七福神 大黒天
例祭 9月7日に近い土曜・日曜
テンプレートを表示

小山八幡神社(こやまはちまんじんじゃ)は、東京都品川区荏原にある神社。旧小山村の鎮守。旧称は妙見八幡、池の谷八幡。

由緒[編集]

当神社の由緒は不明であるが、言い伝えによると、長元3年(1030年)頃に源頼信がこの地に誉田別尊を氏神として奉ったのが始まりであるという。後に妙見菩薩も誉田別尊と並んで祀られたので、妙見八幡ともこの地の旧名を採って池の谷八幡とも呼ばれていた。妙見菩薩は明治時代神仏分離令により、隣接してある別当寺であった・摩耶寺に移された。

境内は小高い丘(古墳跡といわれている)の上に位置しているため、『小山』と呼ばれそれが現在の近辺の『小山』の地名の由来になっている。現在では境内からの眺めが品川百景に選ばれている。

かつては小山村全体が氏子の範囲であったが、元禄時代に宗教上の軋轢により二分され、三谷地区に三谷八幡神社が分祀されて現在に至っている。二分されたが現在では祭りは両社合同で行うため両社祭りという。また、荏原七福神のひとつとして大黒天をまつっている。

境内には椎の木の大木があり、この椎の木は品川区指定文化財になっている。[1]

境内社[編集]

別当だった摩耶寺。小山八幡神社に隣接してある。
  • 稲荷神社
  • 甲子神社

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平野栄治著「品川区歴史散歩」p.160

外部リンク[編集]