小宮曠三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小宮 曠三(こみや こうぞう、1917年12月5日 - 1995年10月29日)は、ドイツ文学者。小宮豊隆の子として東京に生まれる。

1940年東京帝国大学独文科卒。戦後、東京大学教養学部助教授、教授、1978年定年退官、専修大学教授、1988年定年退職、東大名誉教授。主としてベルトルト・ブレヒトを研究した。1992年、勲三等旭日中綬章を受章。1995年、急性心筋梗塞のため死去。

著書[編集]

  • 『戦後ドイツの演劇 ツックマイヤー、ブレヒトなど』 早川書房(現代芸術選書) 1953
  • 『映画教室 物を見る働きと意味』 勁草書房 1955
  • 『ベルトルト・ブレヒト』 風濤社(演劇叢書 第1巻) 1973

翻訳[編集]

  • 世界文学全集 ユダヤ人 レッシング 河出書房 1952
  • 演劇論 B.ブレヒト ダヴィッド社 1954
  • 国境のふたり クリスタ・ヴォルフ 岩波書店 1955
  • 世界文学全集 第26 ハウプトマン はたおりたち 河出書房新社 1962
  • ブレヒト戯曲選集 第3巻 ルクルスの審問 白水社 1962
  • ブレヒト戯曲選集 第4巻 第二次大戦中のシュヴェイク 白水社 1962
  • ミンナ・フォン・バルンヘルム レッシング 岩波文庫 1962
  • ツヴァイク全集 第6 デーモンとの闘争 今井寛、杉浦博訳 みすず書房 1962
  • ニュルンベルク裁判 R.シュナイダー 現代世界演劇 白水社 1971
  • ヴィルヘルム・テル シラー 世界の文学 中央公論社 1972