小宮信夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小宮 信夫(こみや のぶお、1956年[1] - )は、社会学者、犯罪学者。立正大学文学部社会学科教授、社会学博士。専門分野は犯罪学。

人物[編集]

東京生まれ[1]。警察庁「持続可能な安全・安心まちづくりの推進方策に係る調査研究会」の座長、文部科学省「学校と関係機関との行動連携に関する研究会」の委員、東京都「非行防止・犯罪の被害防止教育の内容を考える委員会」の座長、東京都「地域安全マップ専科」の総合アドバイザー、広島県「子どもの安全な環境づくりアドバイザー」、青森県「防犯環境設計アドバイザー」、岡山県「安全・安心岡山県づくり委員会」の顧問、宮城県「みやぎ安全・安心まちづくり推進アドバイザー」、群馬県「生活安全教育アドバイザー」などを歴任。地域安全マップの開発者として全国各地で技術指導を行っている。

略歴[編集]

  • 中央大学法学部法律学科卒業
  • 1994年 ケンブリッジ大学大学院犯罪学研究科修了(日本人初)
  • 法務省国連アジア極東犯罪防止研修所、法務総合研究所などを経て現職
  • 2017年5月の今治親子殺傷事件で、関与を疑われた30代女性が警察の事情聴取後に自殺したことに対して、今治警察署の対応を「安易に参考人を帰してしまったのではないか。逮捕を巡る判断を誤ったと言える」と論評した。http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170506/dms1705061000004-n2.htm

表彰[編集]

所属学会[編集]

主な著書[編集]

  • 『NPOによるセミフォーマルな犯罪統制 ――ボランティア・コミュニティ・コモンズ』、立花書房、2001年12月
  • 『国家は女性虐待を救えるか ――スウェーデンとアメリカの比較』(共訳)、文化書房博文社、2002年6月
  • 『割れ窓理論による犯罪防止 ――コミュニティの安全をどう確保するか』(監訳)、文化書房博文社、2004年3月
  • 『親子で実践! 犯罪・危険・事故回避マニュアル』(監修)、主婦と生活社、2005年4月
  • 『犯罪は「この場所」で起こる』(光文社新書)、光文社、2005年8月
  • 『徹底検証! 子どもは「この場所」で犠牲になった』(監修)、宝島社、2006年6月
  • 『(改訂版)地域安全マップ作製マニュアル』、東京法令出版、2006年10月
  • 『安全はこうして守る ――現場で本当に役立つ防犯の話』(編著)、ぎょうせい、2007年2月
  • 『犯罪は予測できる』(新潮新書)、新潮社、2013年9月
  • 『見てすぐわかる犯罪地図 なぜ「あの場所」は犯罪を引き寄せるのか』(青春新書)、青春出版社 、2015年6月
  • 『子どもは「この場所」で襲われる』(小学館新書)、小学館、2015年12月
  • 『写真でわかる世界の防犯 ――遺跡・デザイン・まちづくり』、小学館、2017年4月

出典[編集]

  1. ^ a b 『犯罪は予測できる』著者プロフィール欄

外部リンク[編集]