小宅珠実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小宅珠実(こやけ たまみ、1948年9月14日 - )は、日本のジャズフルート奏者の草分け。夫はジャズ・ドラムス奏者のマイク・レズニコフ

人物[編集]

神奈川県横浜市出身。9歳からフルートをはじめた。鶴見女子高等学校国立音楽大学フルート科卒業。卒後は地元でフルート・アンサンブルを結成しクラシック音楽の演奏活動を続けたが、周囲にジャズファンが多かったことから影響を受け、1973年アン・ミュージック・スクールに入学、佐藤允彦村岡健らに師事した。1974年から新宿「ピット・イン」でライブ活動を始め、1977年には鈴木勳グループに参加した。

小宅のレコードデビューは1980年で、このアルバム『TAMAMI FIRST』は同時に、ジャズ・フルート奏者のリーダーアルバムとして日本初である。その後、ラリー・コリエル(1984年、1985年)及び、ハンク・ジョーンズレイ・ブラウン(両者とも1985年)といったメンバーと共演したアルバムを発表する一方、1980年の初リサイタル(横浜教育会館)を皮切りにしたソロ活動、スピック&スパン向井滋春グループへの参加といったセッション活動を広げている。

ディスコグラフィ[編集]

  • キングレコード
    • TAMAMI FIRST (1980)
    • Someday (1981)
    • Windows (1984)
    • Face to Space (1985)
    • ELSA (1985)
    • HOT FLUTES (1985)
    • Ask Me Now... (1992)
    • LADY'S BLUES (1993)
    • Now and Then (ベスト盤)
  • Roving Spirits
    • Hi-Fly (2002)
  • AKETA's DISK
    • TWO BASS HIT (2007)

資料[編集]