小堀正優

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
小堀正優
Kobori Masayasu.jpg
小堀正優
時代 江戸時代後期
生誕 天明6年(1786年
死没 慶応3年6月24日1867年7月25日
別名 宗中(号)
幕府 江戸幕府 旗本
主君 徳川家斉
氏族 小堀氏
父母 小堀正寿
正和
テンプレートを表示

小堀 正優(こぼり まさやす)は、江戸時代後期の旗本遠州流茶道8世家元。号は宗中

略歴[編集]

小堀正寿の子として誕生。

天明8年(1788年)5月6日に改易された近江国小室藩主・小堀政方の甥にあたり、同地に生を受けるが改易後は、京の孤篷庵で過ごす。文政11年(1828年)に正優は300俵を与えられ、小堀家旗本として再興された。

家督と家元は子・正和が継いだ。