小坂巖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小坂 巖(こさか いわお、1931年 - )は長野県須坂市出身のフリーアナウンサー競馬ジャーナリスト

経歴[編集]

1954年日本短波放送にアナウンサーの第1期生として入社。1956年中央競馬実況中継開始に伴い、実況アナウンサーを務めた。東京優駿(日本ダービー)では1年おきに実況を務めたほか、1964年菊花賞ではシンザンによる中央競馬史上2頭目のクラシック三冠達成の瞬間を伝えた。このときは道中での様子から「シンザン、どうやらこれで、三冠馬ダメか」、「シンザン、どうやら三冠できそうにない」と実況してしまい、忘れられないと語っている。また、俗に「シンザンが消えた」という文句で知られる翌1965年有馬記念の実況も小坂が担当している。1971年に日本短波放送を退社し、フリーアナウンサーとしてラジオ日本ABCラジオで活動。1975年からはテレビ東京の『土曜競馬中継』にキャスターとして携わり、1992年まで務めた。日本中央競馬会による衛星放送グリーンチャンネル」開局後は、日曜午後の中継キャスターを務めた。フリーとなって以降は『競馬ニホン』や『ダービーニュース』等に取材記事を寄稿する競馬記者としての一面もあった。また1974年には、当時の競馬ブームの主役となっていたハイセイコーの引退を記念し製作された楽曲「さらばハイセイコー」の作詞を担当、45万枚を売り上げるヒット曲となった。

主な実況歴(判明分)[編集]

GI級レース[編集]

その他[編集]

注釈・出典[編集]

参考文献[編集]

  • 優駿』2000年7月号(日本中央競馬会)
    • 結城恵助「小坂巖氏に聞く - 21世紀に語り継ぎたい名馬100選(5)」