小原重哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小原重哉

小原 重哉(おはら しげや[1][2] / しげちか[3]1834年9月11日天保5年8月9日[4][5] - 1902年明治35年)5月28日[1][6])は、日本の司法官僚内務官僚。貴族院勅選議員。初名は澄太郎[4]、号は米華[1]

経歴[編集]

岡山藩の人。藤本鉄石・岡元太郎らと交わって、尊王攘夷運動に投じた。1864年元治元年)、岡元太郎らとともに新選組の密偵松山幾之助を斬殺して梟首した。この一件で獄に下されるが、間もなく赦免された。

明治維新後、慶応4年9月5日1868年10月20日)、新政府の刑法官に出仕し鞠獄司吟味掛となる[4]。その後、司法省判事となり、監獄制度改良に貢献した。監獄が内務省に移管されると、内務省監獄局次長に就任した。

1890年(明治23年)に元老院議官に就任したが、同年の元老院廃止に伴い、1891年(明治24年)12月22日に貴族院議員に勅選された[7]

画を好み、松田翠崖に師事。絵画共進会や内国勧業博覧会で審査員を務めた。

栄典・授章・授賞[編集]

位階
勲章等

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『明治維新人名辞典』255頁。
  2. ^ 『日本刑事政策史上の人々』
  3. ^ 『名典獄評伝』
  4. ^ a b c 「〔岡山県士族小原重哉履歴書〕」
  5. ^ 『明治維新人名辞典』255頁では「天保7年」。
  6. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』103頁では「5月27日」。
  7. ^ 『官報』第2546号、明治24年12月23日。
  8. ^ 『官報』第2094号「叙任及辞令」1890年6月24日。
  9. ^ 『官報』第3266号「叙任及辞令」1894年5月22日。
  10. ^ 『官報』第4943号「叙任及辞令」1899年12月21日。
  11. ^ 『官報』第1473号「叙任及辞令」1888年5月30日。
  12. ^ 『官報』第1932号「叙任及辞令」1889年12月5日。

参考文献[編集]