小倉正三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小倉 正三(おぐら まさぞう、1947年3月8日 - )は日本の元裁判官弁護士徳島県出身。東京大学卒業。元東京高等裁判所部総括判事。

経歴[編集]

担当訴訟[編集]

  • オレンジ共済組合事件 (一審東京地裁裁判長 友部達夫参議院議員に求刑通り懲役10年の実刑判決 2000年)
  • Winny裁判(二審大阪高裁裁判長 金子勇被告に逆転無罪判決 2009年)
  • 2010年7月14日、身分証を盗まれたと思い込んで知人を殺害した事件で、裁判員裁判の判決の事実認定における誤りを指摘して一審判決を破棄した[1]

脚注[編集]

  1. ^ “「必要な理由示さず違法」=一審裁判員判決を破棄-東京高裁”. 時事通信社. (2010年7月14日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201007/2010071400415 2010年12月2日閲覧。 


先代:
鈴木健太
金沢地方裁判所長
2006年 - 2008年
次代:
加藤幸雄