小久保浩樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小久保 浩樹
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府大阪市福島区
生年月日 (1971-01-20) 1971年1月20日(50歳)
身長
体重
186 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 両投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1988年 ドラフト5位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

小久保 浩樹(こくぼ ひろき、1971年1月20日 - )は、大阪府大阪市出身の元プロ野球選手外野手)。

来歴・人物[編集]

泉尾高時代は甲子園出場経験は無いが、投手と野手の兼任で高校通算40本のパンチ力と遠投が左右100mを超える強肩が持ち味だった。

1988年のプロ野球ドラフト会議西武ライオンズから5位指名を受け入団する。野手で史上初の両投げ登録で話題を呼び、それ以降野手で両投げ登録の選手は未だに小久保のみである。

プロ入り後は一軍出場を果たせないまま1990年には練習生に降格し、1991年には支配下準登録となった。1992年に支配下選手へ再登録されるが、一軍出場が無いまま同年限りで現役を引退した。二軍通算成績は、4試合 5打数 2安打 0本塁打 1打点 1三振 打率.400であった。

引退後は、京都宝ヶ池プリンスホテル(現・グランドプリンスホテル京都)に就職したが、以後は不明。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 58 (1989年)
  • 75 (1990年)
  • 67 (1991年 - 1992年)

関連項目[編集]