小中陽太郎

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小中 陽太郎(こなか ようたろう、1934年9月9日[1] - )は、日本作家評論家翻訳家

来歴・人物

兵庫県神戸市生まれ[1]。長女は星槎大学非常勤講師の小中さつき。次女はフジテレビで『SMAP×SMAP』などの広報を2017年10月まで担当していた小中ももこ[2]梅原猛は厳密には従兄弟ではなく、小中の妻の父の妹の夫の弟の息子にあたる。小中の妻の叔母が梅原の養母(小栗風葉の妹・俊)であるため、従兄弟と表記している文献もある。

幼時を上海で過ごす。東京都立大学附属高等学校を経て、東京大学文学部仏文科で渡辺一夫に師事。1958年に同大学を卒業してNHKに入り[1]ディレクターとして『夢であいましょう』などを手がける。1964年に退職してフリーとなり[1]野坂昭如の薫陶を受けてルポルタージュコラムを執筆[1]

1965年小田実たちと共にベ平連を結成[1]。世話人としてパリハノイストックホルムに赴き、国際連帯に貢献する。特に脱走兵援助では、ハノイやモスクワを巡った[1]。1970年から法政大学講師を務める[1]1979年公開の映画「十八歳、海へ」(監督・藤田敏八、主演・森下愛子)に、大学講師役で出演した。1983年フルブライト交換教授として渡米し[1]ウェストヴァージニア大学客員教授[1]、のちにニューヨーク市立大学ブルックリン校客員教授を務める[1]1984年まで)。1991年、日本に帰国して中部大学女子短期大学[1]英語英米文化学科主任教授、および中部大学[1]人文学部コミュニケーション学科教授に就任。1992年、ペン大会日本代表としてバルセロナに赴く[1]名古屋経済大学短期大学部[1]放送コース客員教授、星槎大学客員教授[1]

日本ペンクラブ専務理事(1997年 - )[1]アジアキリスト教協議会議長。「九条の会」傘下の「マスコミ九条の会」呼びかけ人を務めている[3]

著書

  • 愛と別れ 河出書房新社 1964年
  • 手づくりの論理 合同出版 1969年
  • 秘聞の書 歓喜の話をたっぷり読もう 大和書房 1969年 (ダイワブックス)
  • 天誅組始末記 大和書房 1970年
  • 女のいろめがね 出世のために・交際のために・女のコをベッドで裸にするために 秋田書店 1970年 (サンデー新書)
  • 昭和元禄・行動的にっぽん人 常識を変えた現代の英雄 明文社 1970年
  • 王国の芸人たち 講談社 1972年
  • 小説 ふぁっく 現代評論社 1972年
  • 脱サラ発想術 ダイナミックに生きる新職業論 産報 1972年 (サンポウブックス)
  • 私の中のベトナム戦争 産経新聞社 1973年
  • 小説灘高校 サンケイ新聞社出版局 1974年
  • ええカッコしの無限地獄 時事通信社, 1975年
  • 信じない奴の人間学 しぶとく生きるために 青春新書 1975年 「こころを強くする技術」青春文庫
  • おれは何を目指せばいいんだ 偉くならなくていい 青春出版社 1976年 (青春新書)
  • 世界艶遊パック グリーンアロー出版社 1977年
  • 体験 グリーンアロー出版社 1978年
  • キミの青春よ! 対談集 三一書房 1978年
  • ジーンズの平家たち 毎日新聞社 1979年
  • 栃若一代 読売新聞社 1980年
  • 小説 内申書裁判 光文社 1980年
  • 溶解する思想 花曜社 1981年
  • よい子わるい子いじめっ子 ポプラ社 1982年 (のびのび人生論)
  • 反ゲンコツ口論 いま父は子に何ができるか 主婦の友社 1982年
  • ぼくはポーランドを旅した 筑摩書房 1983年
  • 我が子が他人に見える日 子どもが親を憎悪する瞬間とは 徹底取材戸塚宏×穂積隆信 第一企画出版 1983年
  • ぼくは人びとに会った-法と人間のはざまに 日本評論社 1984年
  • 不思議の箱のテレビ考 戦後世代の芸能史 駸々堂出版 1984年
  • 教育の誤算 教育荒廃をうちやぶれ 金子書房 1987年
  • ブラウン管のなかのアメリカ 岩波ブックレット 1987年
  • 抗議して生き残ろう 私の反核平和論 日本評論社 1987年
  • 小中陽太郎のアメリカン・コラム 研究社出版 1988年
  • TVニュース戦争 これがキャスターだ!! 東京新聞出版局 1988年
  • 小中陽太郎の「歴史」の時間ですよ 歴史教科書を10倍楽しむ法 新人物往来社 1988年
  • ルポ司法試験 日本評論社 1989年
  • ニッポン・メジャー・リーグ論 日米構造摩擦野球編 エイデル研究所 1991年
  • 正義は川の流れのように 日本基督教団出版局 1995年
  • 笑うな!わが中年パソコン術 "負けられない"と感じたときからインターネットまで 青春出版社 1996年 (プレイブックス)
  • 外国の教科書に、日本はどう書かれているか 韓国、中国、アメリカの歴史教科書を読み比べてみたら… ごま書房 1997年
  • 青春の夢 風葉と喬太郎 平原社 1998年
  • 異文化・非言語・グローバルコミュニケーション 平原社 1999年
  • 58歳からの“知"の愉しみ もう一度人生を磨き直すために 青春出版社 2000年
  • こんなに面白い聖書のはなし 3時間で“こころ"が豊かになる 青春出版社 2000年
  • 今こそ平和を実現する 日本キリスト教団出版局 2003年
  • ラメール母 平原社 2004年
  • 一人ひとりのマスコミ 創森社 2007年
  • 上海物語 あるいばゾルゲ少年探偵団 未知谷 2016年

共編著

  • 対決・刑法一七五条 「四畳半襖の下張」模索舎裁判 五味正彦,柘植光彦共編 亜紀書房 1977年
  • 討論青年にとって労働とは何か 転形期における青年労働者の意識(編)三一新書 1978年
  • 『東大法学部ーその虚像と実像』現代評論社1978年
  • 就職 その虚像と実像(編)現代評論社 1980年
  • 娘がグローブを買う日 父と娘、33の住復書簡 小中さつき 主婦の友社 1991年
  • メディア・リテラシーの現場から 風媒社 2001年

訳書

出演テレビ番組

脚注

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 小中 陽太郎 | 兵庫ゆかりの作家” (日本語). ネットミュージアム兵庫文学館 : 兵庫県立美術館. 2022年5月25日閲覧。
  2. ^ SMAP「育ての母」が「フジテレビ敏腕広報」を引き抜いた
  3. ^ マスコミ九条の会(よびかけ人はだれですか)

外部リンク