尊厳死

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

尊厳死(そんげんし、death with dignity)とは、人間が人間としての尊厳 (QOL) を保ってに臨むことであり、インフォームド・コンセントのひとつとされる[1]蘇生措置拒否 (DNR) と関連が深い。

末期がん患者など治癒の見込みのない人々が、クオリティ・オブ・ライフ (quality of life, QOL) と尊厳を保ちつつ最期の時を過ごすための医療がターミナルケアend-of-life care、終末期医療)である。

QOLを保つための手段として、胃瘻の除去、苦痛から解放されるためにペインコントロール技術の積極的活用が挙げられる。無意味な延命行為の拒否 (DNR) については、実際に死を迎える段階では意識を失っている可能性が高いため、事前に延命行為の是非に関して宣言するリビング・ウィル (living will) が有効な手段とされる。

生存権を脅かしかねないものとして尊厳死を警戒する立場の人もいる。「安楽死・尊厳死法制化を阻止する会」という市民団体は、尊厳死という名のもとに、殺人自殺幇助が一般化する可能性があると主張している。

各国の状況[編集]

米国では、患者本人の希望により人工呼吸器を取り外すことは、1970年代にインフォームド・コンセントとして確立している[1]。患者が冷静かつ明確に望まない医療を拒否しているのであれば、それに従うのが医療倫理であるとされ[1]、強制すれば医師は傷害罪に問われうる。周囲が裁判所に訴え出ても、それを裁判所が認めることはない[1]

韓国では、1997年に医師が家族の要請に基づいて、患者の人工呼吸器を外したため、殺人罪で起訴された事件をきっかけに、尊厳死に関する議論が起こり、2016年1月に尊厳死に関する法案が成立した[2]

日本では2012年、超党派議員により終末期の医療における患者の意思の尊重に関する法律案(仮称)の作成作業が進められていた[3][1]

(基本的理念)
第二条 終末期の医療は、延命措置を行うか否かに関する患者の意思を十分に尊重し、医師、薬剤師、看護師その他の医療の担い手と患者及びその家族との信頼関係に基づいて行われなければならない。
2 終末期の医療に関する患者の意思決定は、任意にされたものでなければならない。
3 終末期にある全ての患者は、基本的人権を享有する個人としてその尊厳が重んぜられなければならない。

—  終末期の医療における患者の意思の尊重に関する法律案(仮称)[1]

関連項目[編集]

関連作品[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 樋口 範雄「終末期医療と法」、『医療と社会』第25巻第1号、2015年、 21-34頁、 doi:10.4091/iken.25.21NAID 130005069613
  2. ^ “延命治療中断を患者が選択、尊厳死法案が成立”. 朝鮮日報. (2016年1月9日). http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/01/09/2016010900507.html 2016年1月9日閲覧。 
  3. ^ “延命措置の「中止」でも医師免責”. m3.com. (2012年6月7日). https://www.m3.com/open/iryoIshin/article/153998/ 

外部リンク[編集]