将軍標

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高麗神社 将軍標
高麗山聖天院勝楽寺 将軍標

将軍標(しょうぐんひょう・韓国語장군표、チャングンピョ)とは、北朝鮮韓国の村落に見られる魔除けのための境界標。

概要[編集]

第二次世界大戦前までは、除魔将軍標と称され、略称の将軍標も用いられていた。かつての朝鮮半島では、疾病や災難をもたらす鬼神信仰があり、その魔除けのための木製標を村落の入り口に設置していた。異形相の人面の下に漢字が刻まれた木柱がバラバラに設置されていたが、現在の日本国内に設置されているものは天下大将軍・地下女将軍と刻まれ、男女の標が対になったものとなっている。

近年の朝鮮語でチャングンピョ(将軍標)というが、別の表現ではチャンスン(장승、長栍、長丞)ともいう。竿頭に鳥が止まった神竿をソッテ(솟대)、人面を彫った神木をチャンスン(長栍)という。鳥は天地を往来して神の使いをすると信じられて神格化され、神木には人面を彫って人格神化したという[1]

日本における将軍標は、埼玉県日高市高麗神社のものが有名である。同じく日高市の聖天院西武池袋線高麗駅前にもある。さらに東京都西多摩郡日の出町の東光院妙見宮にもある。妙見宮例大祭(5月3日)には韓国舞踊が奉納される。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『図説韓国の歴史』河出書房新社

関連小説[編集]

関連項目[編集]