寿宝堂千歌国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

寿宝堂 千歌国(じゅほうどう ちかくに、生没年不詳)とは、江戸時代大坂浮世絵師

来歴[編集]

寿好堂よし国の門人、大坂の人。寿宝堂と号す。作画期は文政4年(1821年)から文政6年にかけてで、役者絵を描いている。

作品[編集]

  • 笹屋隼人・故嵐橘三郎」 横大判錦絵 ボストン美術館所蔵 ※文政4年、「恋紅葉小倉のしきし」
  • 奴佐五平・百村百太郎」 大判錦絵 池田文庫所蔵 ※文政5年4 - 6月頃、大坂大西芝居『姉妹達大礎』より。「よし国門人千歌国画」の落款あり
  • 「獄門庄兵衛・新升」 大判錦絵2枚続の内 ※文政6年3月、大坂角の芝居『堂島救入浜』より
  • 「団七九郎兵衛・中村歌右衛門 一寸徳兵衛・市川鰕十郎」 大判錦絵2枚続 ※文政6年5月、角の芝居『夏祭浪花鑑』より

参考文献[編集]

  • 日本浮世絵協会編 『原色浮世絵大百科事典』(第2巻) 大修館書店、1982年 ※66頁
  • 『上方役者絵集成』(第2巻) 財団法人阪急学園池田文庫、1998年