対龍山荘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

対龍山荘(たいりゅうさんそう)注1は、京都市左京区南禅寺境内に、庭師七代小川治兵衛(通称植治)による日本庭園と、「京数奇屋名邸十撰」にも選ばれる名建築から成る、南禅寺界隈別荘の一つ。非公開[1][2]。現在は株式会社ニトリの保養所・宿泊施設となっている[3]

概要[編集]

対龍山荘は、1896年明治29年)に薩摩藩出身の伊集院兼常[4]が所有し邸を建築、庭園の一部と茶席は現在にも残る。後に、1901年(明治34年)、彦根出身の京呉服商、初代市田弥一郎(1843年天保14年) - 1906年(明治39年))が所有して、近代を代表する庭師七代小川治兵衛(通称植治)による聚遠亭庭園が作庭築造を行ったとされる。 贅を凝らした数寄屋造りの建物は、東京の大工『島藤』こと島田藤吉に拠り建築された[5]。以後、「京数奇屋名邸十撰」にも選ばれる名建築と、美しい日本庭園を持つに至る。

南禅寺界隈別荘の一つ。国の名勝にも指定されている[6]。近隣の旧南禅寺境内の南禅寺塔頭跡には、無鄰菴何有荘碧雲荘など、現在に残る南禅寺界隈別荘群が在り、その主要な庭園のほとんどが、明治維新後に築造されている。

沿革[編集]

  • 1896年、京都市左京区・旧南禅寺境内の塔頭の跡地に、薩摩出身の技術系官僚・実業家の伊集院兼常[7]が邸を建築。現在の建物と庭は、1902年(明治35年)、市田商店創業者:呉服商の市田弥一郎[8]が改造した、この時の作庭者は七代小川治兵衛である[9][10]
  • 1901年から、市田弥一郎の所有(呉服商・市田商店店主)で、1914年大正3年)に法人化を経て、2001年まで呉服会社[市田商店→市田株式会社]が所有[11][12][13]
  • 2001年、呉服会社(市田株式会社)から、不動産投資会社に売却。
  • 2010年11月から株式会社ニトリホールディングスが保有[14][15]

所在地[編集]

  • 京都府京都市左京区南禅寺福地町22

交通アクセス[編集]

参考文献[編集]

  • 京都工芸繊維大学の名誉教授中村昌生「京数奇屋名邸十撰」
  • 市田弥一郎(市田商店刊行)くれたけ[16]
  • 對龍山荘庭園における小川治兵衞の作庭手法[17]
  • 對龍山荘庭園の水音と環境音[18]
  • 對龍山荘庭園 100 年後を見据えた庭園管理計画 -Ⅰ 百年の変遷をたどる-[19]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ざ京都・対龍山荘
  2. ^ 京の社寺と庭園の四季
  3. ^ 南禅寺・岡崎界わい邸宅群 「京都の秘境」生きた継承を-京都新聞
  4. ^ 9199 伊集院兼常の人物像 Life and Works of IJUIN Kanetsune:矢ヶ崎 善太郎 YAGASAKI Zentaro:京都国際建築技術専門学校
  5. ^ 9001 大工・島田藤吉の仕事と作風(建築史・建築意匠・建築論) 9001 A Study on works of carpenter, SHIMADA TOUKITI
  6. ^ 文化庁・文化遺産オンライン
  7. ^ 9199 伊集院兼常の人物像 Life and Works of IJUIN Kanetsune:矢ヶ崎 善太郎 YAGASAKI Zentaro:京都国際建築技術専門学校
  8. ^ http://omishounin.boy.j/about10.html てんびんの里東近江市/近江商人博物館]
  9. ^ 對龍山荘庭園 文化遺産オンライン[1]
  10. ^ 對龍山荘庭園 100 年後を見据えた庭園管理計画 -Ⅰ 百年の変遷をたどる-[2]
  11. ^ 市田氏對龍山荘庭園 特別公開:(財)京都市文化観光資源保護財団
  12. ^ AQUAnet:對龍山荘
  13. ^ 企業情報@Wiki 市田
  14. ^ 補助金交付一覧[3]
  15. ^ 有価証券報告書 - ニトリ[4]
  16. ^ 近代デジタルライブラリー・市田弥一郎・くれたけ
  17. ^ [5]
  18. ^ [6]
  19. ^ [7]
  • 注1:『対龍山荘』は本来、旧字体で『對龍山荘』と記す。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

文化遺産オンライン

座標: 北緯35度0分38.5秒 東経135度47分22.9秒 / 北緯35.010694度 東経135.789694度 / 35.010694; 135.789694