対物性愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

対物性愛(たいぶつせいあい、Object sexuality)とは、生物ではないに対して、性的あるいは恋愛的に惹かれるセクシュアリティのことである。

概要[編集]

「対物性愛」という用語は、エイヤ=リータ・エクレフ=ベルリナー=マウアー(Eija-Riitta Eklöf Berliner-Mauer)[1]による造語である。物に対する性的惹かれを、フェティシズムとしてではなく、独立した性的指向[2]と捉える言葉として、当事者たちに用いられている。 対物性愛者は、特定の物に対して強い愛情や自己投入(コミットメント)を経験することがある。対物性愛者のなかには、人間との性的関係や恋愛関係を考えたことがないという人もいる。また対物性愛者のなかにはアニミズム的な感覚をもとに、物とコミュニケーションをとる人もいる[3]

メディア[編集]

WIRED.jpではMacintoshを愛した男性が紹介されている[4]

2009年12月14日の『世界まる見え!テレビ特捜部』の「ザ・ベスト」では、エッフェル塔と結婚した対物性愛者のナイショウという女性が紹介された。この女性も苗字をエッフェル塔(ラ・トゥール・エッフェル、La tour Eiffel)にしている。また、同じく対物性愛者であるエイミーも遊園地の乗り物を愛していると紹介された。

2011年11月11日放送の『探偵!ナイトスクープ』「クルマに片思いした女」では、車に恋した対物性愛者が紹介された。

遊園地のアトラクションとの恋を描いた映画『恋する遊園地』が2020年に公開され、日本でも2021年に上映された[5]

脚注[編集]

  1. ^ 1979年ベルリンの壁結婚した人物。彼女の苗字「ベルリナー=マウアー(Berliner-Mauer)」はドイツ語で「ベルリンの壁」を意味する。
  2. ^ エイミー・マーシュは対物性愛者への調査をもとに、対物性愛は一般的な性的指向の定義と合致すると論じている。Marsh, Amy (2010-03-01). “Love Among the Objectum Sexuals”. Electronic Journal of Human Sexuality 13. http://www.ejhs.org/volume13/ObjSexuals.htm. 
  3. ^ Objectùm-Sexuality Internationale(オブジェクトゥム セクシュアリティ インターナショナル)「OSとは?」(2022年3月4日取得)
  4. ^ マシンに恋してしまった「マック・フェチ」たち
  5. ^ 映画『恋する遊園地』公式サイト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]