対応原理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

物理学での対応原理(correspondence principle)は、量子数が極端に増加したときに、量子力学によって記述される(system)の性質は、古典力学での結果に対応するという原理である。

つまり、電子軌道(orbital)とエネルギーが大きい場合に量子力学による計算結果は、古典力学での計算結果と一致しなければならないというものである。[1]

脚注[編集]

  1. ^ Tipler, Paul; Llewellyn, Ralph (2008). Modern Physics (5 ed.). W. H. Freeman and Company. pp. 160–161. ISBN 978-0-7167-7550-8.