寺町寺院群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
妙典寺前の旧野田道(寺町)
了証寺前の旧鶴来道(野町)
国泰寺前の旧鶴来道(寺町)
願念寺裏の路地(野町)

寺町寺院群(てらまちじいんぐん)は、石川県金沢市寺町野町にある寺院の総称である。藩政期に一向一揆に対する防衛策として、犀川流域にあたるこの地に寺院が集められた。同様にして、金沢城の東側の卯辰山には卯辰山山麓寺院群、南東の小立野台地には小立野寺院群が形成された。忍者寺として知られる妙立寺を始め、70近くの寺院が立ち並び、市内の三つの寺院群の中で最大規模である。

2012年(平成24年)12月28日に寺町・野町・弥生の各一部、22.0ヘクタールが金沢市寺町台伝統的建造物群保存地区(かなざわしてらまちだいでんとうてきけんぞうぶつぐんほぞんちく)の名称で国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されている。また、「寺町寺院群の鐘」は日本の音風景100選に選定されている。

主な寺院[編集]

千日町1。本尊は金毘羅大権現。作家室生犀星が幼少の頃すごした寺であり、彼の小説「性に目覚める頃」にも登場する。
松尾芭蕉の弟子、小杉一笑菩提寺として知られ、一笑塚が残る。
前田利長の正室玉泉院菩提寺
五百羅漢像を所蔵する。
前田利家の長女春桂院の菩提寺。
金沢4大仏の1つと言われる阿弥陀如来像を所蔵。
科学者高峰譲吉の菩提寺。
大久保利通暗殺した藩士の活動拠点であった。
金沢4大仏の1つと言われる寄木造りの阿弥陀如来坐像を安置。
小松城から移植されたが「松月寺のサクラ」として国の天然記念物に指定されている。
高山右近隠れキリシタンゆかりの寺として知られる。
稲荷大明神を祭っている寺院。
前田利家の六女である菊姫の菩提寺として知られ,藩政時代より金沢城下町に伝わるすべての霊場に指定されている。
前田利家を始めとする、加賀藩の歴代藩主の祈願所だった。参道には多くの地蔵が立ち並ぶ。
無縁仏人骨で作られた地蔵尊がある。
前田利家の四女であり、のちに宇喜多秀家の正室となった豪姫の菩提寺として知られる。
樹齢400年を越える木々が生い茂る。
  • 行基山伏見寺 – (高野山真言宗)
芋堀藤五郎の伝説で知られる。国の重要文化財に指定されている銅造阿弥陀如来坐像(平安時代前期)を所蔵 。
宮大工山上善右衛門の墓がある。
加賀野菜のたけのこの祖、岡本右太夫の菩提寺。
境内のドウダンツツジが金沢市の天然記念物に指定されている。
様々な仕掛けやカラクリがあることから、忍者寺として有名である。加賀藩の祈願所として建立された。
金沢市内最古の寺。「飴買い幽霊の伝説」で知られる。

その他[編集]

前田利家により城下町の守護祈願のため建立された。素戔嗚尊を祀っている。
織田信長を祀った神社である。
前田利常が建立した。
犀川から寺町に通じる石伐坂(いしきりざか)。作家井上靖が学生時代に通学路に使ったことでも知られ、彼の作品「北の海」にも登場する。

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]