寺田和正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

寺田 和正(てらだ かずまさ、1965年12月12日 - )は、広島県福山市港町出身の実業家で、バッグジュエリーなど、若い女性向けのブランド「サマンサタバサ」を手掛ける「サマンサタバサジャパンリミテッド」創業者・代表取締役

来歴[編集]

幼少期

実家は、従業員100人の地元の老舗・寺田鉄工所。事業を拡大した祖父や父に憧れ、幼い頃から経営者になることを目標とした。しかし、次男のため実家を継ぐことは諦め、起業家を目指す。同郷で青山商事を興した青山五郎・現会長とは、幼少期から家族ぐるみの付き合い。

学生時代

福山葦陽高等学校卒業後、駒澤大学経営学部に入学。在学中にカナダへ留学し、観光客に人気だった革ジャンパーや毛皮に目をつけ、日本人向けにサイズ直しをしてカナダ生産のイージーオーダービジネスを開始する。

就職

卒業後、商社野村貿易に3年間勤務して経験を積み1991年、留学中に稼いだ資金を元手に25歳で海外ブランド輸入代理会社を設立。しかし、輸入品ビジネスに限界を感じ、独自のブランドをつくることを決意。

会社設立

1994年、バッグとジュエリーの企画から製造販売(SPA(製造小売業))までを手掛ける「サマンサタバサジャパンリミテッド」を設立し、オリジナルブランド「サマンサタバサ」を立ち上げ、東京渋谷に1号店を開店した。バッグを始めた理由は、お土産にバッグをあげた時の母親の喜び方が尋常ではなかったため、と言う。

会社経営[編集]

会社概要

本社は、東京都港区北青山。2005年、2月期の売上高は98億円。社員500人のうち女性が460人。アクセサリー分野の「サマンサティアラ」など8ブランドがあり、主要都市に2005年現在、103店舗を展開。一等地以外には出店しないという徹底したブランド展開により、人気を集めている。2006年、ニューヨークマディソンアベニューに海外初の直営店を出店した。日本初のブランドで世界市場を目指している。

ブランド戦略

ヒルトン姉妹ビヨンセ&ソランジュ・ノウルズ姉妹、ペネロペ&モニカ・クルス姉妹、ヴィクトリア・ベッカムマリア・シャラポワイ・ビョンホンなどの海外セレブ蛯原友里道端ジェシカなどをデザイナーやモデルに起用したプロモーション展開が話題を呼び、女性誌に取り上げられ売り上げを伸ばした。これらは「セレブ」ブームの先駆けとなった[1]。ピンクやホワイトの色づかい、きらめくラインストーンやハートの形など、華やかなデザインのバッグを主体に、若い女性たちから支持を集める。

社名の由来

社名はアメリカのテレビドラマ奥様は魔女』の登場人物からとられたとの説があるが、寺田は否定しており、由来は秘密との事。なお、タバサの綴りは社名でThavasaだが、『奥様は魔女』ではTabatha(のちTabitha)である。

異色の経営者

女性社員の憧れの存在でありたいと、社長室のクローゼットに何百着も服を用意し日に何度も着替えたり、社員全員にバースデーカードを送るなど、異色の経営者である。

エピソード[編集]

  • 転機となったのは、ニューヨークにショールームを作っていたら、当時はほとんど無名のヒルトン姉妹が遊びに来ていたこと。彼女たちに「一緒にビジネスをやらないか」と声をかけたら、彼女たちも興味があったらしく乗ってくれたという。これが日本に「セレブ」という概念を広めるきっかけになり、彼女たちとともにサマンサタバサも話題になるという相乗効果で成長することができたと話している[2]

脚注[編集]

外部リンク[編集]