寺村秀夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

寺村 秀夫(てらむら ひでお、1928年9月8日 - 1990年2月3日)は、日本言語学者日本語学者。専門は日本語文法

兵庫県揖保郡龍野町(現・たつの市)生まれ。大阪外国語大学筑波大学大阪大学の教授などを歴任した。著書に『日本語のシンタクスと意味 全3巻』などがある。

経歴[編集]

職歴[編集]

学歴[編集]

学位[編集]

主要著書[編集]

単著[編集]

  • An Introduction to the Structure of Japanese: Workbook (三友社、Vol.1,2 1973, Vol.3 1975)
  • 『日本語の文法(上)』(国立国語研究所、1978)
  • 『日本語の文法(下)』(国立国語研究所、1981)
  • 『日本語のシンタクスと意味Ⅰ』(くろしお出版、1982)
  • 『日本語のシンタクスと意味Ⅱ』(くろしお出版、1984)
  • 『日本語のシンタクスと意味Ⅲ』(くろしお出版、1991)
  • 『寺村秀夫論文集Ⅰ―日本語文法編―』(くろしお出版、1992)
  • 『寺村秀夫論文集Ⅱ―言語学・日本語教育編―』(くろしお出版、1993)

共著[編集]

  • 『日本語表現文型 中級Ⅰ・中級Ⅱ』(筑波大学日本語教育研究会編、凡人社、1983)
  • 『日本語上級文法教本』(凡人社、1988)

企画・編集[編集]

  • 『日本語文法セルフ・マスターシリーズ1~7』(くろしお出版、1985~2001)

外部リンク[編集]

参考文献[編集]