寺本比呂文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
寺本 比呂文
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 熊本県上益城郡甲佐町
生年月日 (1973-06-07) 1973年6月7日(43歳)
身長
体重
186 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 1994年 ドラフト5位
初出場 1996年8月14日
最終出場 1998年10月12日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

寺本 比呂文(てらもと ひろふみ、1973年6月7日 - )は、熊本県上益城郡甲佐町出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

甲佐高では速球を持ち味として地区大会で優勝した[1]が、全国大会出場はならなかった。社会人野球川崎製鉄神戸では3年目の1994年先発投手の一人として都市対抗出場などに貢献[2]。同年で野球部が廃部となったが、ドラフト会議西武ライオンズから指名を受け、契約金6700万円、年俸1000万円(いずれも推定)で入団契約を結んだ[3]

2年目の1996年には出身地・熊本の藤崎台球場で行われたジュニア・オールスターゲームイースタンの先発を任されたものの、敗戦投手となっている[4]。一軍でも登板機会を与えられ、翌1997年キャンプ終了後から肩痛に悩まされ、オフまで投球練習ができなかった[5]加藤初二軍コーチの激励もあって1998年は一軍で初先発・初勝利を挙げ[5]、16試合に登板した。1999年以降は一軍登板がなく、2001年限りで現役を引退した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1996 西武 7 0 0 0 0 0 0 1 -- ---- 50 12.0 7 1 7 0 0 13 0 0 4 4 3.00 1.17
1998 9 5 0 0 0 1 1 0 -- .500 133 29.0 33 4 13 0 0 18 3 2 21 16 4.97 1.59
通算:2年 16 5 0 0 0 1 1 1 -- .500 183 41.0 40 5 20 0 0 31 3 2 25 20 4.39 1.46

記録[編集]

  • 初登板:1996年8月14日、対近鉄バファローズ15回戦(西武ライオンズ球場)、9回表に4番手で救援登板・完了、1回を投げ被安打0、与四球2、奪三振2、無失点
  • 初奪三振:同上、9回表に鈴木貴久から
  • 初セーブ:1996年9月16日、対福岡ダイエーホークス25回戦(西武ライオンズ球場)、7回表に2番手で救援登板・完了、3回を投げ被安打0、与四球2、奪三振2、無失点
  • 初先発・初勝利:1998年6月18日、対日本ハムファイターズ12回戦(西武ドーム)、5回を投げ被安打6、与四球3、奪三振4、自責点1

背番号[編集]

  • 47 (1995年 - 2001年)

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞、1991年6月22日付朝刊、熊本地方面
  2. ^ 毎日新聞、1994年6月10日付朝刊、兵庫地方面
  3. ^ 読売新聞、1994年11月26日付朝刊、P.21
  4. ^ 読売新聞、1996年7月20日付朝刊、P.18
  5. ^ a b 読売新聞、1998年6月19日付朝刊、P.24

関連項目[編集]