寺本晃輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
寺本てらもと 晃輔こうすけ
プロフィール
誕生日 (1991-11-18) 1991年11月18日(30歳)
出身地 日本の旗 日本 愛知県尾張旭市
血液型 A型
テンプレートを表示

寺本 晃輔(てらもと こうすけ、1991年平成3年11月18日 - )は、愛知県出身の日本演出家劇作家俳優漫画原作者作詞家配信者。演劇団体「Faber&Ludens(ファーベルとルーデンス)」主宰[1]。海外作品を扱う際には自身で翻訳も行う。

2020年5月から公演予定であった『五感』は、コロナウイルスの影響によって2021年4月・5月に振替公演されることになっていた[2]。 その後、会場の閉館で場所や日程を変えて行われる予定だったが[3]緊急事態宣言発出などの理由により公演は中止となった。

来歴[編集]

名古屋市立名東高等学校出身。高校時代に鑑賞した映画チェケラッチョ!!に感銘を受け、俳優を志すようになった。1年間の浪人生活を経て専修大学文学部に入学し、上京する。大学在学中に劇団に入団するが、現実と理想のギャップに苦しみ、劇団を退団した。

人物[編集]

作品[編集]

舞台(作品)[編集]

Faber&Ludens公演
  • ヒツジ-HITUZI-(2016年9月、下北沢スターダストレンタルスペース)
  • HOME AND BEAUTY(2016年12月、東演パラータ)
  • 家族のSIN話(2017年7月、荻窪小劇場)
  • 錬金術師-The Alchemist-(2018年8月、北池袋・新生館シアター)
  • バードケージ(2018年11月、北池袋・新生館シアター)
  • 空蝉 ~モノノタマシイ~(2019年7月、新宿・Theaterスターフィールド)
  • 五感(2021年、映像ソフトのみ)
外部公演
  • Ericoプロジェクト演劇企画「60分一本勝負」Round④『愛犬、背骨と桜の木』(2019年8月、神田・SpaceCUBE)

漫画(作品)[編集]

ディスコグラフィ[編集]

参加作品[編集]

配信開始日 タイトル 作詞 作曲・編曲 備考
2021年4月1日 じんましんしん プレアデスガール featuring サイキッカーTOMOYA 寺本晃輔 多田新吾 映画『ブスの法則』主題歌&挿入歌

出演歴[編集]

舞台[編集]

  • 演劇ユニットちょもらんま第4回公演『犬神家の反則』(2017年9月、北池袋・新生館シアター) - 主演 下柳田進 役
  • A Towerプロデュース舞台『窪地の女』(2021年9月、恵比寿・エコー劇場) - マスコミ2 役(声の出演)

映画[編集]

  • ブスの法則(2021年公開) - サイキッカーTOMOYA 役

ラジオ[編集]

  • 自由ヶ丘 Rose Ladies School プレゼンツ 『安藤と夏輝の、 テキトー過ぎてごめんなさい!』(2019年6月12日・19日、調布エフエム放送) - 最終回ゲスト
  • 吠えラジ (2019年11月12日〜2020年7月28日、狛江ラジオ放送) - レギュラー出演
  • 生ラジオドラマ『ガンバハル氏の実験』(2020年6月、狛江ラジオ放送) - 小泉ゆき子の許婿 役

インターネット[編集]

  • チーズボーイとパシンペロンはやぶさのスピリチーズ熟(2019年6月14日、ニコジョッキー

受賞歴[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ Inc, Natasha. “寺本晃輔主宰のファーベルとルーデンスが、新作で3都市ツアー” (日本語). ステージナタリー. 2020年9月25日閲覧。
  2. ^ ファーベルとルーデンス「五感」が、来年4・5月に振替公演” (日本語). 2020年9月22日閲覧。
  3. ^ ある意味“人類史”、Faber&Ludens「五感」3都市ツアーが上演へ” (日本語). 2021年12月26日閲覧。
  4. ^ 宮下貴浩×私オム プロデュース 10周年記念舞台「あれから」開幕!” (日本語). 2022年1月31日閲覧。
  5. ^ 舞台「WakeUp,Girls! 青葉の軌跡」フォトギャラリー” (日本語). 2022年1月31日閲覧。
  6. ^ @nhk_plus (2021年1月19日). "#推し名書き はこちら!" (ツイート). Twitterより2022年1月31日閲覧
  7. ^ インディーズ月例賞21年2月期結果発表” (日本語). 2022年1月31日閲覧。

外部リンク[編集]