寺師茂樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
てらし しげき
寺師 茂樹
生誕 (1955-02-16) 1955年2月16日(67歳)
日本の旗 日本 兵庫県
出身校神戸大学大学院工学研究科修士課程計測工学専攻
職業実業家(自動車経営者)
活動期間1980年 -
雇用者トヨタ自動車株式会社
団体トヨタグループ三井グループ
肩書きトヨタ自動車Executive Fellow
任期2021年 -
配偶者あり

寺師 茂樹(てらし しげき、1955年2月16日 - )は、日本の自動車技術者実業家トヨタ自動車Executive Fellow日野自動車取締役、自動車技術会会長。トヨタ自動車社代表取締役副社長、同社取締役執行役員CCO兼CPO、EV C.A. Spirit代表取締役プレジデント[1]ダイハツ工業取締役などを歴任。

人物・経歴[編集]

兵庫県生まれ[2]神戸大学大学院工学研究科修士課程計測工学専攻修了後、1980年4月トヨタ自動車に入社。実験部を経て、1995年製品企画部門へ異動。2000年米国トヨタに駐在。帰国後の2005年1月トヨタ自動車第1トヨタセンターZSエグゼクティブチーフエンジニア。同時に13代目クラウンの開発も担当。2008年6月同社常務役員。同年6月トヨタモーターエンジニアリングアンドマニュファクチャリングノースアメリカ執行副社長。2011年5月トヨタ モーター エンジニアリング アンド マニュファクチャリング ノース アメリカ取締役社長兼COO。2012年4月トヨタモーターエンジニアリングアンドマニュファクチャリングソースアメリカ取締役社長兼CEO。同年4月トヨタ モーター ノース アメリカ取締役社長兼COO。2013年4月トヨタ自動車専務役員。同年6月同社取締役・専務役員。2015年6月同社代表取締役副社長、戦略副社長会事務局長、EV事業企画室担当、コーポレート戦略部担当、調査部担当、Chief Risk Officer[3][1]。2017年同社取締役副社長に就くとともに[4]EV C.A. Spiritを設立し、同社代表取締役プレジデント兼務[5][6]。2019年1月Chief Technology Officer[7]。2020年4月トヨタ自動車取締役・執行役員Chief Competitive Officer、Chief Project Officer[8]。同年5月自動車技術会会長[9]。2021年1月トヨタ自動車Executive Fellowに就任[10]。この他、コンポン研究所監査役[11]国際経済研究所取締役兼理事なども務めた[12]

出典[編集]

先代
稲葉良睍
北米トヨタ自動車社長
2012年 - 2013年
次代
ジェームス・レンツ
先代
小平信因
トヨタ自動車CRO
2017年 - 2018年
次代
小林耕士
先代
トヨタ自動車CTO
2019年 - 2020年
次代
前田昌彦
先代
ディディエ・ルロワ
トヨタ自動車CCO
2020年 - 2021年
次代
先代
坂本秀行
自動車技術会会長
2020年 - 2022年
次代
大津啓司