寺垣スピーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

寺垣スピーカー(てらがきスピーカー)とは、寺垣武研究開発したスピーカーの名称である。別名「物質波スピーカー」である。当初の名称は「波動スピーカー」であった。しかし、エムズシステムが同名別構造のスピーカーを先に発表したため名称を変更している。現在もその名称で呼ばれ混同される事がある。実際の製品としては、株式会社Teragaki-Laboから「TERRAスピーカー」(テラスピーカー)として、株式会社TMT Japanから「寺垣ミュージックトランサ」として発売されている。

原理[編集]

コーン紙を利用せず湾曲したバルサ板を振動板(パネル)として音を出す方式を採用しているが、スピーカーの分類としてはタワミ振動スピーカー[1]に該当する。

寺垣スピーカーは放音パネルの振動を抑えることで音の立ち上がりを明瞭にしているが、これは中音、高音に関してであり、低音は通常のスピーカーと同じくピストン運動で音を出している。このパネルからの中高音はタワミ振動で動作するため拡散波の音がほぼ無指向性に出るので、スピーカーの周囲のどの位置でもほぼ同じ音場感を得る事が可能である。

寺垣スピーカーの理論で特筆すべき点は、音に関して「物質波」または「波動」という観点に立脚していることである[2]を単なる空気振動として捉えず、「ある物質の振動が媒質を通して伝播する現象」として捉えている。慶應義塾大学環境情報学部の武藤佳恭教授が物質波について独自に研究を行い、それを寺垣の公式サイト上のコラムで詳述している。それによると、音には縦波(粗密波)だけでなく、横波も存在している。横波は、従来音として認識されている縦波とは違う性質を持っている。具体的に述べると、

  1. 横波の音は縦波の音に比べ減衰率が低い。
  2. 反響がほとんどない。
  3. 音同士が干渉しにくい。
  4. 上記のような音のため、難聴の人にも聞き取りやすい。

しかし、寺垣スピーカーに関して、縦波、横波、波動、物質波、など量子力学風な言葉で説明しているが、これでは音響学とはかけ離れた、オカルトの類に誤解されてしまう事にもなり兼ねないので、寺垣は、「波動」や「物質波」という(量子力学の用語と同名の)命名を失敗であったと公式サイトのコラムで述べている。

実際には、上記の縦波と横波の性質も、明らかに、物体内ではタワミ振動で音が伝わっていく事と、空気に音が伝わっていく事とを混同している。物質内では確かに縦波も横波も存在し、物質波と言えるけれど、それは振動でありその振動は直接体に伝わっていないので音ではない[3]

上記の項目は次の様に理解できる。

縦波からは直進波、横波から拡散波が出る
  1. 横波の音は縦波の音に比べ減衰率が低い。→物質の横振動=横波により発生するのが横波の音と勘違いしている。すべての音は縦波であり、物質の横振動からは拡散波、物質の縦振動=横波からは直進波の音が出ていて、直進波は減衰率が低い[4]
  2. 反響がほとんどない。→拡散波の音は元々拡散しているので、反射の音との区別は付きにくいであろう。
  3. 音同士が干渉しにくい。→直進波の音は干渉しやすいが、拡散波の音は球面波の性質があるので干渉しにくい。
  4. 上記のような音のため、難聴の人にも聞き取りやすい。→物質の振動を直接頭に伝えると難聴の人にも音が聞き取れる。この振動を骨伝導という。

COMZINEのサイトに寺垣と矢野直明の対談[5]が掲載されているが、その対談で寺垣は自身のスピーカーの原理について説明している。その説明によると、波動は「エネルギーが分子間を移動する現象」である。音の波動エネルギーが「バルサ材の分子を通じて、空気の分子を揺り動かし」耳に届くとのこと、とあるが、これは物体がタワミ振動で音を出している事を意味している。

従来型のスピーカーでは、スピーカーユニット後部からの音波が筐体内で定在波となり、筐体はその影響で共振(箱鳴り)を起こしてしまう。寺垣スピーカーにおける筐体は箱型のように内部を囲んでいないため、筐体内で定在波はほとんど起こらないが、逆に放音パネル自体には定在波が発生し板鳴りが起きてしまう。

寺垣武[編集]

なお開発者の寺垣氏はΣシリーズのレコードプレーヤー開発[6]に携わったりして、独自のオーディオ精神は多くの人に影響を与えている。

中学2年(16歳)のとき、爆撃機から投下される爆弾の命中精度を上げる装置を開発。太平洋戦争中(20代はじめ)は兵器の開発に携わり、戦後は日本電気 (NEC)、リコーオーディオテクニカキヤノンなど国内大手製造業の技術顧問を経歴に持つ。1979年からオーディオ機器の開発にのめりこみ、「レコード盤の表面粗さ計測器」と評される精度を追求した「寺垣プレーヤー」を開発。

従来のスピーカーで一般的に利用されるコーン紙を使わず、独自のパネルから音を発する「寺垣スピーカー」(物質波または波動スピーカー)の開発を行う。

個人で30年にも及ぶ、スピーカーの研究・試作を続けてきたが、「寺垣スピーカー」を製造販売する会社として、2006年に株式会社TMT Japanの技術顧問に、2008年8月には、株式会社Teragaki-Laboを設立し会長に就任する。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ 公式サイトによれば、現時点では科学的には検証・立証が研究途上の仮説だと説明されているとおり、物質波があるとしたら、これは物質に伝わる振動の事でであろうが、これは未だ音ではない。物質の振動には地震と同じく縦波と横波があるが、音になると全て縦波=粗密波となる。そして、もし物質の振動が純粋な縦波振動=ピストン振動だとすれば、例えば平板振動板が平行往復運動する様な場合は平面波の音が、横波だと、平面波の音は出ない。 ただしここで複雑なことに、物質に伝わる振動の速さは、分子が力で押されて粗密波が伝わる事なので実は音速と同じこととなる。この様に、物質に伝わる振動は音速なのだから音であるとも言える訳だけれど未だ音ではない。しいて言えば骨伝導波とは言える、がこれも混乱を助長する事にはなる。現実では物質は音を反射してしまうので音を伝える性質は本当は無いと言える。そして、物質がどの様な振動をしたのであっても、空気に振動が伝わった時点で振動は空気の縦波に変化するので、音には縦波しかない。
  3. ^ 武藤教授は横波が指向性を持つものと考えているが、寺垣は横波(彼の言葉では波動または物質波)の指向性を否定している。しかし音に横波があるかどうかは現在はまだ確認されていない。水の中には横波がある、という確認のレポートが一部にある。( http://www.spring8.or.jp/ja/news_publications/research_highlights/no_47/ 参照)いづれにしても、どちらの意見も、物質が横波で振動すると横波の音が出る、と勘違いしていると思われる。全ての音は縦波であるというのが現在の常識である。自然界で物質に縦波だけが起きる事はあり得なくどんな物体の振動も地震で必ず横波が起きるのと同じように、縦波と横波が同時に発生している。なお、横波とは地震と同じくタワミ振動の事でダイナミックスピーカーでは歪みの原因として排除すべき振動とされている。その為に振動板のエッジを柔らかくして純粋な平行ピストン運動を目指しているその結果、縦波だけでで振動しているかのごとくに振舞うので、振動板の形の進行面の直進波の音が出ていると理解できる。
  4. ^ 直進波と拡散波について詳しくはスピーカー動作原理の詳細を参照。
  5. ^ [2]
  6. ^ [3]

公式サイト[編集]