寺之内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

寺之内(てらのうち)は京都市上京区堀川紫明から堀川上立売周辺の寺町ないし、その周辺を東西に通る通り(寺之内通)。

通りの東端は烏丸通、西端は御前通の西で盧山寺通に合流する。

豊臣秀吉による京都改造によって寺院が集められた。日蓮宗寺院が多い。聚楽第北方の防衛ラインとして設けられたとの説もある。

周辺の主な施設[編集]

関連項目[編集]

京都市内の東西の通り
西は
御前通の西
まで
北隣の通り:盧山寺通上御霊前通 東は
烏丸通
まで
寺之内通
南隣の通り:上立売通