寧徳時代新能源科技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
寧徳時代新能源科技股份有限公司 (CATL)
業種 自動車リチウムイオン電池、エネルギー貯蔵システム、バッテリーリサイクル
設立 2011年 ウィキデータを編集
本社
福建省寧徳市蕉城区漳湾鎮新港路2号
主要人物
Zhou Jia (President)
従業員数
10,000 (2016)[1]
ウェブサイト http://www.catlbattery.com

寧徳時代新能源科技(ねいとくじだいしんのうげんかぎ、CATL, Contemporary Amperex Technology)は、中国にある世界最大手の電気自動車用の電池メーカー[2]

概要[編集]

2011年に設立。電気自動車エネルギー貯蔵システムのバッテリー管理システムのリチウムイオン電池のほか、バッテリーマネジメントシステム(BMS)の製造を行っている[3]福建省寧徳市に本社を置き[4]、寧徳市、青海省溧陽市に製造拠点がある。主要研究開発センターは寧徳市とベルリンであったが[5]2018年5月に横浜市にも営業と開発の拠点を開設した[2]

CATLの年間販売量は2016年のエネルギー貯蔵能力の6.8GWhに達した[6]。同社は2020年までに50GWhのリチウムイオンの生産能力を目標としている[2][7]

2017年には出荷量でパナソニックを抜いて電気自動車用の電池メーカーで世界一となった[2]

2018年7月にドイツテューリンゲン州に海外初の工場の建設を発表した[8]

提携[編集]

CATLのバッテリー技術は現在多くの電気自動車メーカーが使用している。国際市場では、CATLはトヨタ自動車[9]本田技研工業[10]日産自動車[11]PSA[12]現代自動車[13]BMW[14]フォルクスワーゲン[10]ダイムラー[8]と協力している。中国では同社の顧客は北京汽車、吉利汽車、宇通客車、中通客車、金龍客車上海汽車及び福田汽車が含まれる[15][16]

2017年1月、CATLはヴァルメト・オートモーティブと戦略的提携を結ぶ計画を発表した。その提携の一環として、CATLはヴァルメト・オートモーティブの株式の22%を取得した[1][17]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Valmet Automotive and CATL form a strategic partnership in electric vehicle solutions – CATL invests in Valmet Automotive to become an important owner” (英語). www.valmet-automotive.com. 2017年3月29日閲覧。
  2. ^ a b c d 高橋克典、福田直之 (2018年6月2日). “けいざい+ WORLD 中国発EVバトル:下 心臓部の電池、世界をリード”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 9面 
  3. ^ CATL Company Profile”. www.catlbattery.com. 2017年3月29日閲覧。
  4. ^ Reuters. “Chinese Battery Maker Taking on Global Electric Car Market”. Fortune. 2017年6月17日閲覧。
  5. ^ CATL Milestones”. www.catlbattery.com. 2017年3月29日閲覧。
  6. ^ Chinese Battery Champion Has Fully Charged IPO”. The Wall Street Journal (2017年12月1日). 2017年12月2日閲覧。
  7. ^ “Power surge: Chinese electric car battery maker charges for global market”. Reuters. (2016年12月25日). https://www.reuters.com/article/us-china-autos-batteries-idUSKBN14E0K1 2017年3月29日閲覧。 
  8. ^ a b EV用電池大手の中国CATL 独に海外初の工場建設”. 日本経済新聞 (2018年7月10日). 2019年7月26日閲覧。
  9. ^ “トヨタ、中国電池最大手と提携 電動化計画5年前倒し”. 日本経済新聞. (2019年6月7日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45801060W9A600C1MM8000/ 2019年6月28日閲覧。 
  10. ^ a b “中国CATL、ホンダとEV電池開発を発表”. 日本経済新聞. (2019年2月5日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40922270V00C19A2TJ2000/ 2019年6月28日閲覧。 
  11. ^ “中国CATL、ルノー・日産に車載電池供給”. 日本経済新聞. (2018年5月10日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30316410Q8A510C1TJ1000/ 2019年6月28日閲覧。 
  12. ^ Editorial, Reuters. “PSA chooses LG and China's CATL for batteries in future hybrid car” (英語). Reuters UK. http://uk.reuters.com/article/uk-autoshow-geneva-psa-lg-chem-idUKKBN16E0YU 2017年3月29日閲覧。 
  13. ^ “Hyundai chooses Chinese battery supplier”. Nikkei. http://asia.nikkei.com/Business/Companies/Hyundai-chooses-Chinese-battery-supplier 2017年5月2日閲覧。 
  14. ^ Subscribe to read” (英語). www.ft.com. 2017年3月29日閲覧。
  15. ^ “Battery Maker Helping Power China Electric Car Boom Plans IPO”. Bloomberg.com. (2016年9月1日). https://www.bloomberg.com/news/articles/2016-09-01/battery-maker-helping-power-china-electric-car-boom-plans-ipo 2017年3月29日閲覧。 
  16. ^ “Global Li-ion Power Battery Industry Report, 2017-2020 with Focus on the Chinese Market - Research and Markets” (英語). http://www.crossroadstoday.com/story/34708909/global-li-ion-power-battery-industry-report-2017-2020-with-focus-on-the-chinese-market-research-and-markets 2017年3月29日閲覧。 
  17. ^ Forsell, Tuomas (2017年1月30日). “Chinese battery maker CATL buys stake in Finnish car supplier”. Reuters. https://www.reuters.com/article/us-valmet-automotive-m-a-catl-idUSKBN15E10U 2017年6月17日閲覧。 

関連項目[編集]