寒川神社 (千葉市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
寒川神社
SamugawaJinja.jpg
所在地 千葉県千葉市中央区寒川町1-123
位置 北緯35度35分50.12秒 東経140度7分12.88秒 / 北緯35.5972556度 東経140.1202444度 / 35.5972556; 140.1202444
主祭神 天照大御神
寒川比古命
寒川比売命
社格 式内社(小)、村社
創建 不詳
例祭 8月20日・21日
地図
テンプレートを表示

寒川神社(さむがわじんじゃ)は、千葉県千葉市中央区にある神社である。式内小社旧社格は村社。

祭神[編集]

由緒[編集]

創建年代については不詳であるが、『延喜式神名帳』にある下総国の寒川神社がこの神社とされる。神奈川県にある同名の寒川神社を祭祀した相武国造と同族の千葉国造が奉斎し[1]、古くから海上安全の神として信仰され、江戸時代には10石の朱印社領を有していた。

文化財[編集]

祭礼[編集]

  • 8月20日~8月21日(神輿の浜入り渡御がある)

所在地[編集]

  • 千葉県千葉市中央区寒川町一丁目123番地

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 宝賀寿男「第三部 畿内・東国に展開した初期分岐の支族 二 武蔵国造と東国の諸国造族」『古代氏族の研究⑯ 出雲氏・土師氏 原出雲王国の盛衰』青垣出版、2020年、263、264頁。
  2. ^ 千葉市 - 2019年9月2日閲覧。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]