富田町 (愛知県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
とみたちょう
富田町
名古屋市合併当時の富田支所周辺の様子
名古屋市合併当時の富田支所周辺の様子
廃止日 1955年10月1日
廃止理由 編入合併
富田町南陽町山田村、楠村 → 名古屋市
現在の自治体 名古屋市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
海部郡
面積 12.60km2.
総人口 11,201
(1950年10月1日[1]
隣接自治体 名古屋市中川区中村区港区)、海部郡南陽町蟹江町七宝村大治村
富田町役場
所在地 愛知県海部郡富田町大字戸田字一番屋敷15[2]
 表示 ウィキプロジェクト
富田町役場跡
名古屋市との合併に歓喜する町民
富田村道路元標

富田町(とみたちょう)は、かつて愛知県海部郡にあった

現在の名古屋市中川区の西部に該当し、庄内川の西岸の地域である。一部を除き現在名古屋市中川区富田町として地名が残っている。詳しくは中川区(旧海部郡富田町)を参照。

沿革[編集]

  • 1906年(明治39年)7月1日:海東郡万須田村赤星村戸田村豊治村が合併。海東郡富田村新設。村役場は大字春田が指定地とされたが、新築が間に合わず、当初は大字戸田に仮役場が置かれた。
  • 1909年(明治42年)4月1日:大字戸田横井角十郎所有地に富田高等小学校仮校舎が開校。それまで富田村児童は蟹江高等小学校に通学していたが、これによりその不便が解消された。
  • 1913年(大正2年)4月1日:海東郡と海西郡の区域をもって海部郡を設置。住居表示が海東郡富田村から海部郡富田村に変わる。
  • 1944年(昭和19年)2月11日:富田村が町制を施行して富田町が発足。
  • 1952年(昭和27年)3月:名古屋市周辺18町村の町村長と名古屋市側代表をもって名隣会と称する親睦団体が創設。
  • 1953年(昭和28年)9月1日:町村合併促進法が公布される。
  • 1954年(昭和29年)5月19日:富田町、南陽町蟹江町の3ヶ町の町長、助役、議長等による3町合併懇談会開催。
  • 同年(昭和29年)6月7日 : 町村合併について県の促進審議会で決定した合併試案(富田町・南陽町・蟹江町の3町合併)が通達される。
  • 同年(昭和29年)8月24日 : 合併委員会と自治功労者との懇親会が開かれ、富田、南陽、蟹江の三町での合併を否定し、名古屋市への合併を進める旨の合意がされる。
  • 同年(昭和29年)9月16日 : 愛知県の県会調査委員会は、名古屋市過大化防止を決議。県の試案であった富田町と蟹江南陽両町との合併を再度勧められる。
  • 同年(昭和29年)11月1日 : 富田町議会で名古屋市合併賛成が議決される。
  • 1955年(昭和30年)4月5日 : 県議会で富田町の名古屋市合併が否決。富田町は内閣総理大臣に審査請求を行なった。
  • 同年(昭和30年)8月15日 : 緊急合併促進委員会を招集。隣村大治村の合併反対議員代表が上京し、反対議員署名捺印の陳情書を自治庁その他に提出、富田町等の合併を妨害したとの情報につき対策を協議した。
  • 同年(昭和30年)9月10日 : 内閣総理大臣によって処分発表が行われる。ラジオにより富田町の名古屋市編入決定が伝えられる。
  • 同年(昭和30年)10月1日:
  • 1956年(昭和31年)4月1日:富田地区に市バス路線が新設される(戸田小学校-栄間及び新家-名駅間)
  • 1974年(昭和49年)4月1日:富田支所、新庁舎が開庁される。

廃止時の大字[編集]

  • 榎津(えのきづ)
  • 江松(えまつ)
  • 包里(かのさと)
  • 供米田(くまいでん): 熱田大神に供する米を収穫する地域であることからこの名が付いたという説がある
  • 助光(すけみつ)
  • 千音寺(せんのんじ)
  • 長須賀(ながすか)
  • 戸田(とだ): 桑添等を植えるために民家に賜った田を戸田ということから、桑園が多かった一帯を戸田と名付けたという説がある
  • 冨永(とみなが)
  • 新家(にいえ)
  • 服部(はっとり)
  • 春田(はるた):「はるだ」即ち、治田、墾田の意であるという説がある
  • 伏屋(ふしや)
  • 前田(まえだ)
  • 松下(まつした)
  • 万場(まんば)

出身有名人[編集]

廃止時点の交通機関[編集]

鉄道・バス[編集]

国鉄関西本線も通るが、駅はなかった[3]

道路[編集]

※現在当地を南北を貫く国道302号名古屋環状2号線)は、未だ開通していなかった[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 愛知県総務部統計課『愛知県郡市町村勢要覧』愛知県統計協会、1951年
  2. ^ 愛知県郡市町村勢要覧(愛知県総務部統計課 1951年10月刊行)
  3. ^ JR東海関西本線春田駅は、名古屋市編入後の2001年開業。
  4. ^ 名古屋市編入後の1970年代より順次開通。

関連項目[編集]