富津火力発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
富津火力発電所
富津火力発電所(2007年3月)
富津火力発電所の位置(千葉県内)
富津火力発電所
千葉県における富津火力発電所の位置
正式名称 東京電力株式会社富津火力発電所
日本の旗 日本
所在地 千葉県富津市新富25
座標 北緯35度20分35秒 東経139度50分2秒 / 北緯35.34306度 東経139.83389度 / 35.34306; 139.83389 (富津火力発電所)座標: 北緯35度20分35秒 東経139度50分2秒 / 北緯35.34306度 東経139.83389度 / 35.34306; 139.83389 (富津火力発電所)
現況 運転中
運転開始 1号系列:1986年11月
2号系列:1988年11月
3号系列:2003年11月13日
4号系列:2010年10月5日
事業主体 東京電力
発電所
主要動力源 LNG
発電機数 21基
熱効率 1-1号:51.4%(LHV)
1-2~7号:47.2%(LHV)
2-1、5、7号:54.3%(LHV)
2-2~4、6号:47.2%(LHV)
3号系列:55.3%(LHV)
4号系列:58.6%(LHV)
コンバインド
サイクル発電
1号系列:CC方式採用
2-1、5、7号:ACC方式採用
2-2~4、6号:CC方式採用
3号系列:ACC方式採用
4号系列:MACC方式採用
発電量
定格出力 総出力:516万kW
  1号系列:100万kW
  2号系列:112万kW
  3号系列:152万kW
  4号系列:152万kW
ウェブサイト
東京電力 富津火力発電所
2016年4月1日現在
テンプレートを表示

富津火力発電所(ふっつかりょくはつでんしょ)は千葉県富津市新富25に所在する東京電力天然ガス火力発電所

概要[ソースを編集]

1985年12月に1号系列1軸が運転を開始、4号系列までが建設された。火力発電所としては同社鹿島火力発電所東北電力東新潟火力発電所(緊急設置電源含む)に次いで国内第三位の総出力であり、世界でも最大級の火力発電所である。

本発電所は、東京電力が初めて熱効率の高い1,100℃級コンバインドサイクル発電方式を導入した発電所で、その後1,300℃級改良型コンバインドサイクル発電方式、更には1,500℃級コンバインドサイクル発電方式を導入するなど、東京電力火力発電所の最先端を担っている。特に4号系列は、東芝GEの共同製品であるH System発電方式を国内で初めて採用し、熱効率59%を実現するなど高い性能を達成している。

2016年からは、1号系列のうち6軸(第7軸は対象外)および2号系列全7軸の計13軸について発電効率の向上を目的に、ガスタービン等の取替工事を順次実施しており、これにより発電効率が1号系列では3.3%もしくは4.2%、2号系列では1,300℃級ガスタービンに更新されることもあり7.1%向上する。2号系列の出力は2017年8月に112万kWに増強した。この時点では1-1号、2-1、5、7号の取替工事が完了している[1]

発電設備[ソースを編集]

1・2号系列
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成(1988年度撮影)
南側から撮影(2013年5月)
  • 総出力:516万kW(2017年8月10日現在)[2]
  • 敷地面積:約116万m2
1号系列
発電方式:
 1-1号:1,150℃級コンバインドサイクル発電(Combined Cycle)方式
 1-2~7号:1,100℃級コンバインドサイクル発電(CC)方式
定格出力:100万kW(16.7万kW × 1軸、16.5万kW × 6軸)*
 ガスタービン:11万2,823kW × 7軸(取替工事前の出力)
 蒸気タービン: 5万2,177kW × 7軸(取替工事前の出力)
使用燃料:LNG
熱効率:
 1-1号:51.4%(低位発熱量基準)
 1-2~7号:47.2%(低位発熱量基準)
営業運転開始
 1-1号:1985年12月
 1-2号:1986年2月
 1-3号:1986年5月
 1-4号:1986年5月
 1-5号:1986年7月
 1-6号:1986年9月
 1-7号:1986年11月
ガスタービン等取替工事(1-7号は対象外)
 1-1号:2017年6月3日
 1-2号:2017年12月予定
 1-3号:2018年5月予定
 1-4号:2017年9月予定
 1-5号:2019年7月予定
 1-6号:2019年4月予定
* 全軸を合計して最大100万kWとなるよう運転される。
2号系列
発電方式:
 2-1、5、7号:1,300℃級改良型コンバインドサイクル発電(Advanced Combined Cycle)方式
 2-2~4、6号:1,100℃級コンバインドサイクル発電(CC)方式
定格出力:112万kW(16.0万kW × 3軸、16.5万kW × 4軸)*
 ガスタービン:11万2,823kW × 7軸(取替工事前の出力)
 蒸気タービン: 5万2,177kW × 7軸(取替工事前の出力)
使用燃料:LNG
熱効率
 2-1、5、7号:54.3%(低位発熱量基準)
 2-2~4、6号:47.2%(低位発熱量基準)
営業運転開始
 2-1号:1987年12月
 2-2号:1988年2月
 2-3号:1988年4月
 2-4号:1988年5月
 2-5号:1988年9月
 2-6号:1988年9月
 2-7号:1988年11月
ガスタービン等取替工事
 2-1号:2016年7月29日
 2-2号:2018年3月予定
 2-3号:2019年8月予定
 2-4号:2018年8月予定
 2-5号:2017年3月17日
 2-6号:2019年3月予定
 2-7号:2017年8月10日
* 全軸を合計して最大112万kWとなるよう運転される。
3号系列
発電方式:1,300℃級改良型コンバインドサイクル発電(ACC)方式
定格出力:152万kW(38万kW × 4軸)
 ガスタービン:24.9万kW × 4軸
 蒸気タービン:13.1万kW × 4軸
使用燃料:LNG
熱効率:55.3%(低位発熱量基準)
営業運転開始
 3-1号:2001年7月9日
 3-2号:2001年12月4日
 3-3号:2003年7月17日
 3-4号:2003年11月13日[3]
4号系列
発電方式:1,500℃級コンバインドサイクル発電(More Advanced Combined Cycle)方式
定格出力:152万kW(50.7万kW × 3軸)*
 ガスタービン:33.6万kW × 3軸
 蒸気タービン:17.1万kW × 3軸
使用燃料:LNG
熱効率:58.6%(低位発熱量基準)
営業運転開始
 4-1号:2008年7月29日
 4-2号:2009年11月10日
 4-3号:2010年10月5日[4]
* 全軸を合計して最大152万kWとなるよう運転される。

付随施設[ソースを編集]

発電所内にはLNG基地も建設されており、袖ケ浦火力発電所及び姉崎火力発電所などへ供給している。1985年9月にマレーシアからの第1船が入船して以来、マレーシアをはじめとする世界14か国から年間約1300万tのLNGを受入れており、その累計受入量は2009年4月に1億tに到達した。この累計受入量は日本全体のLNG累計受入量の約8%に相当する。

発電所以外にもLNGを供給しており、2001年1月より大多喜ガス株式会社、2006年4月より京葉瓦斯株式会社、2006年12月より関東天然瓦斯開発株式会社へガス卸供給を開始し、2007年9月にはLNGローリー販売も開始している。

2009年3月には富津火力発電所と東扇島火力発電所のLNG基地間をつなぐ東西連係ガス導管の運用を開始[5]。これにより、千葉県側の5つの火力発電所(千葉・五井・姉崎・袖ケ浦・富津)と神奈川県側の3つの火力発電所(東扇島・川崎・横浜)を結ぶパイプラインが構築され、LNG供給の安定性向上や発電所とLNG基地の弾力的かつ効率的な運用が実現した。

隣接地には東京電力が運営する「TEPCO新エネルギーパーク」がある(2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の影響により、閉園中)。

接続基幹系統[ソースを編集]

  • 富津火力線 - 50万V送電線。内陸部で北上し新袖ヶ浦線に接続。 

4号系列第1軸火災事故[ソースを編集]

2015年8月16日18時頃、自動停止するとともに建屋3階ガスタービンエンクロージャー内にて火災が発生。富津消防署による消火作業が行われた[6]

点検の結果、ガスタービンの点検孔をふさぐピンの折損・飛散によりガスタービンの動翼が破損し、過大な振動が発生、ガスタービン軸受の潤滑油配管継ぎ手部に損傷が生じて油が流出し、火災に至ったものとされる。当該第1軸の他、第2、3軸も消火作業および対策工事のため停止していたが、第2、3軸については同年10月14日以降、順次運転を再開した[7]

一方、第1軸はガスタービン本体及びその付属設備の取替工事を行い2017年9月23日に復旧した[8]

出典[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]