富川春美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

富川 春美(とみかわ はるみ、1968年9月26日 - )は、日本の元アイドル

千葉県市川市出身。千葉県立松戸南高等学校卒業。

略歴[編集]

  • 1985年4月5日に『夕やけニャンニャン』の「ザ・スカウト アイドルを探せ!」のオーディションに出演、会員番号12番の河合その子、13番の内海和子と共に合格し、おニャン子クラブの会員番号14番となる。(夕やけニャンニャンの前身である「オールナイトフジ女子高生スペシャル」に応募したものの書類の受付期限が間に合わず同番組へは出られなかったが、プロデューサーの目にとまり、夕やけニャンニャンのオーディションを受けるように勧められた。)
  • 番組初回から最終回まで在籍(※)した唯一のメンバーであり、片岡鶴太郎命名の「お富さん」の愛称で親しまれた。(※ 厳密には第一週は在籍でなく出演。また後述の「5か月の空白」があり、実質的な最長出演者は城之内早苗である。)
  • 早い段階からソロデビューが決まり、レコーディングも行っていた。しかし直後の学校側からのテレビ出演禁止令により曲自体がお蔵入りとなったほか、年明けからの半年間『夕やけニャンニャン』の出演自粛を余儀なくされる。(余談だが、石橋貴明も彼女の事をイチ押ししており、「内海和子をソロで出すなら、春美に倍金かけても良い。」と言っていた。)
  • 1986年の1月より番組から姿を消し、その間、何のアナウンスもされなかったことから、「第二の週刊文春喫煙事件による降板か」とも噂された。ただしこの休業は「夕ニャン」を含むテレビ出演に限られていた。1986年の3月から4月1日にかけて行われたツアー「おニャン子のあぶな~い課外授業」にはリハーサルから参加しており、ステージ上や舞台裏でおニャン子の一員として自然に活動する姿がDVD「バックステージ」に収められている。
    しかし5か月後、当日の日直(司会)の永田が「今日から仲間が帰ってきました。お帰りなさい。」と紹介、「ただいま、戻りました。」と復帰を果たした。
  • 中期の頃になると、曲のフロントボーカルを務め、初期メンバーのほとんどが卒業した1987年4月以降は、城之内や永田ルリ子と共にメンバー全員を引っ張り、リーダー的な役割をこなすことが多かった。
  • おニャン子のメンバー横田睦美とは、1年違いの同月同日生まれ。(横田は1967年生まれ)
  • おニャン子クラブの解散後も数年間芸能活動やモデルをしており、1988年の秋頃には女優への転進も予定されていた。
  • 現在は、沖縄のJAL系のリゾートホテルに就職しマリンスポーツインストラクターをしている。その後結婚し、三児の母となっている。

エピソード[編集]

  • メンバー内では内海和子と仲が良く、姉のように慕っていた。また、工藤静香が「私が男だったら惚れていた」と発言した。
  • 肩幅が広いことから、メンバー内で「ハンガー」と呼ばれていた。「ツッチーホラーショー」のクイズで、永田ルリ子が何の脈絡も無く「ハンガー」とフリップに記し、その際富川の方にチラっと目線を送ったことは、コアなファンの中では「ハンガー・チラ事件」として有名である
  • 現役時代は、回転寿司巡りが好きだったと、番組本及びおニャン子の「新・会員番号の唄」で明かされている。
  • 『夕やけニャンニャン』の「ザ・スカウト アイドルを探せ!」のオーディションにてチャームポイントは八重歯と答えていたが、今は矯正している。
  • 読売テレビ2013年5月18日に放送された『ガリゲル』において、たまたまロケ先で取材される母親として登場した。

音楽[編集]

フロントボーカル曲[編集]

シングル曲[編集]

アルバム曲[編集]

その他参加曲[編集]

 

CM[編集]

マイティアCL(武田薬品)CA制服姿で出演