富士見ティーンエイジファンクラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

富士見ティーンエイジファンクラブ(ふじみティーンエイジファンクラブ)は、声優明坂聡美長谷川静香波多野桃子がパーソナリティーを務めるラジオ大阪ラジオ番組アニラジ番組)。

通称「FTAF」(Fujimi TeenAge Fun club)、「ふたふー」など。

2006年4月9日放送開始。1314 V-STATION枠内で毎週日曜日・深夜23:00~23:30で放送。 2008年3月30日放送終了、全104回。

概要[編集]

  • 番組公式Webサイトにて、過去十数回分をオンデマンドで配信。通常、本放送の約24時間後に配信開始。
  • 仁美と有佳のどらごんデンタルクリニックに代わる、富士見書房の提供番組である。
  • 月刊ドラゴンマガジンにはこの番組を紹介する連載記事「富士見ティーンエイジファンクラブ ドラゴンマガジン出張版」がある。
  • 番組冒頭のあいさつは「ふたふー」。番組略称の「FTAF」から。
  • ペンネームの呼び名は「会員ネーム」。加えて、5桁の会員番号を投稿者が自分で決める。
  • パーソナリティの会員番号は、明坂が「会員番号00001」、波多野が「会員番号00002」、長谷川が「会員番号00003」。明坂が1月生まれ、波多野が2月生まれなのでこの順番になった(ただし長谷川は3月ではなく9月生まれ)。「番組スタッフのツノダさん」が00004、「構成作家のカワグチさん」が00005で、リスナーやゲストは00006から。
  • 番組内で、明坂聡美は「お嬢」、長谷川静香は「ボス」、波多野桃子は「桃ちゃん」と呼ばれる。ただし、最初に呼び名を決めたときは長谷川は「静香ちゃん」だった。
  • 初期はリーダーが決められていた。最初のリーダーは明坂。明坂はリーダーになることを嫌がったが、多数決でむりやり決められた。5月頭にとつぜんリーダーは月替わりとなり、長谷川が5月リーダーに。その後いつのまにかリーダー制は消滅。
  • 2006年8月には、秋葉原UDX東京アニメセンターで6週連続公開録音を敢行した。

コーナー[編集]

ふつおた
普通のお便り。
ラジオドラマ
詳細は#ラジオドラマを参照。2006年6月~。
オープニングトーク
パーソナリティ1人が週替わりで30秒のフリートークをする。2006年10月~。
富士見懸賞大作戦
本名を隠して「月刊ドラゴンマガジン」「月刊ドラゴンエイジ」の読者プレゼントに応募する。2007年7月1日~。
不死身4コマ劇場
「不死身ひとコマ劇場」をリニューアルして4コマ漫画に。2007年7月8日~。

終了コーナー[編集]

2006年10月と2007年7月に、大幅なコーナー変更がされている。コーナーは終了前に特に告知せず長期休止することがある。

『とれふぁんクラブ』
流行っているコトやモノ、言葉などを募集。「とれふぁん」は「トレンド」+「ファッション」より。2006年4月~2006年9月。
富士見お料理クラブ
富士見書房の作品を料理に見立てたレシピ風の紹介文を募集。2006年4月~2006年9月。
フジQクラブ
パーソナリティが、ある富士見書房作品の一部分(3人が別々のページ)を朗読し、リスナーが作品名を当てる。「フジQ」は「富士見作品クエスチョン」の略。2006年4月~2006年9月。
ティーンにもわかるロケット講座
長谷川が宇宙飛行士役で出演する新アニメ『ロケットガール』にちなみ、長谷川がロケット用語を(当てずっぽうで)説明する。「『風のスティグマ』補習授業」開始とともに極端に頻度が落ちたが、ペットボトルロケットを打ち上げるコーナーとして復活。2007年1月~2007年5月20日
綾乃の『風のスティグマ』補習授業
新アニメ『風のスティグマ』のコーナー。このコーナーのみ『風のスティグマ』ヒロイン神凪綾乃役の藤村歩と、本編のパーソナリティから1人の、計2人がパーソナリティを勤める。2007年3月18日~2007年6月3日(入れ替わりに『風のスティグマ』のラジオドラマが開始)。
富士見・伝言バン
会員リスナーが番組を使ってやり取りする。もっぱら、リスナーの質問に対する答えを募集している。2006年10月~2007年5月27日(2ヶ月ぶりの再開が最終回)。
不死身ひとコマ劇場
明坂聡美が描いた女の子キャラクター不死身ちゃんが叫んでる台詞を募集。イラストは2枚描かれた。2006年10月15日~2007年6月17日(3ヶ月ぶりの再開が最終回)。
乙女てぃーちんぐクラブ
10代の乙女であるパーソナリティたちに訊きたいことや教えてもらいたいことを募集。2006年4月~2007年6月24日(4ヶ月ぶりの再開が最終回)。
波多野桃子・高校受験への道
2007年度(2008年)高校受験を控えた波多野桃子を「応援する」と称していろんなことをさせる。2007年6月10日~2007年7月。
ドラゴン桃
「波多野桃子・高校受験への道」がリニューアル。2007年度(2008年高校受験を控えた波多野桃子のために受験に役立つ情報を募集する。タイトルは『ドラゴン桜』より。桃子の高校受験成功により終了。2007年8月5日~2008年2月3日

ゲスト[編集]

富士見書房で執筆している作家などが登場している。

ラジオドラマ[編集]

富士見書房の小説漫画を原作にしたラジオドラマ。2006年6月から2007年1月までほぼ月1作のペースで放送され、その後、不定期に復活している。

外部リンク[編集]