富士吉田市立富士山レーダードーム館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 富士吉田市立富士山レーダードーム館
Mt. Fuji Radar Dome Museum
Mount Fuji Radar Dome Museum s2.JPG
富士吉田市立富士山レーダードーム館の位置(山梨県内)
富士吉田市立富士山レーダードーム館
山梨県内の位置
施設情報
正式名称 富士吉田市立富士山レーダードーム館[1]
愛称 レーダードーム館
専門分野 気象
事業主体 富士吉田市
管理運営 財団法人ふじよしだ観光振興サービス(指定管理者[2]
開館 2004年4月24日
所在地 403-0006
山梨県富士吉田市新屋1936-1
位置 北緯35度27分28秒 東経138度48分13秒 / 北緯35.45778度 東経138.80361度 / 35.45778; 138.80361座標: 北緯35度27分28秒 東経138度48分13秒 / 北緯35.45778度 東経138.80361度 / 35.45778; 138.80361
外部リンク 富士山レーダードーム館
プロジェクト:GLAM
富士山レーダードーム館から望む富士山

富士吉田市立富士山レーダードーム館(ふじよしだしりつふじさんレーダードームかん、英称:Mt. Fuji Radar Dome Museum)は、山梨県富士吉田市にある富士吉田市立の科学館。富士山親水公園(リフレ富士吉田)内にある。

概要[編集]

日本気象観測に欠かせない存在であった富士山レーダーを移設し、体験学習施設として公開している。

  • 所在地:山梨県富士吉田市新屋1936-1
  • 開館時間[3]:午前9時30分 - 午後5時(入館は午後4時30分まで)
  • 入館料[3]:大人600円、学生(高校生以下)400円
    • この施設の入場券により至近の富士吉田市立歴史民俗博物館にも入館できる。
  • 休館日[3]:8月を除く火曜日祝日の場合は翌日)
  • 駐車場(無料):小型70台、大型10台、障害者用2台

常設展示室[編集]

1階「富士山レーダーの軌跡」

2階「富士山からの気象観測」

  • 富士山の自然環境および世界の気象に関する展示:富士山レーダーでの気象観測に実際に使われた機材等を展示している。
  • 富士山頂の環境体験コーナー:気温-5風速13mの世界を体験できる。
  • 富士山レーダーリレーアンテナ:東京大手町の気象庁と交信するために使用されたマイクロ波電波塔を復元したもの。屋外展示。

3階「35年の役割を終えて」

  • 富士山レーダー:実物を天井吹き抜けで公開している。1分間に2回転の速さで回転する。

沿革[編集]

1964年昭和39年)に設置された富士山レーダーは日本の台風観測の砦として利用されてきたが、1999年平成11年)にその役割をひまわり5号に、周辺のレーダー観測を静岡県牧之原長野県車山に譲り、35年の歴史に幕を下ろした。

その後、2001年(平成13年)9月に山麓の富士吉田市に移設され、2004年(平成16年)に体験学習施設として一般公開を開始した。

交通[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 富士吉田市立富士山レーダードーム館の設置及び管理に関する条例
  2. ^ 指定管理者制度導入施設一覧
  3. ^ a b c 営業案内(2009年10月12日閲覧)
  4. ^ a b c 富士山レーダードーム館入館者30万人突破!(2009年10月12日閲覧)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]