富士の巻狩り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

富士の巻狩り(ふじのまきがり)とは、建久4年(1193年)5月に源頼朝が多くの御家人を集め、富士の裾野付近を中心として行った壮大な巻狩のことである。

概要[編集]

富士の巻狩の目的としては、征夷大将軍たる権威を誇示するためや軍事演習などの目的があったとされる。巻狩りの行動範囲は、富士の裾野の東方(現在の静岡県御殿場市裾野市)に始まり、より西側の朝霧高原(現在の静岡県富士宮市)まで及んだ。『吾妻鏡』には「射手たる輩の群参、あげて計ふべからずと云々」とあり、数えきれない程大勢の御家人が参加したという。

参加者[編集]

すべて『吾妻鏡』による。

事件[編集]

源頼家の鹿狩り[編集]

陣馬の滝
頼朝一行が滝の近くに一夜の陣を敷いたことが由来とされる

5月16日、頼朝の嫡男頼家が初めて鹿を射止めた。この後狩りは中止され、晩になって山神・矢口の祭りが執り行われた。頼家が鹿を射たとき、近くに控えていた然るべき射手の中から工藤景光愛甲季隆曾我祐信が召しだされ、矢口餅を賜った[1]。頼朝は喜んで政子に報告の使いを送ったが、政子は武将の嫡子なら当たり前のことであると使者を追い返した[2]。これについては、頼家の鹿狩りは神によって彼が頼朝の後継者とみなされたことを人々に認めさせる効果を持ち、そのために頼朝はことのほか喜んだのだが、政子にはそれが理解できなかったとする解釈がなされている[3]

新田四郎忠常の猪退治[編集]

真名本『曽我物語』には、巻狩り3日目の夕方、突然手負いの大猪が頼朝に向かって突進してきた。頼朝のそばに控えていた新田四郎忠常がとっさに大猪に飛び乗り刀を5、6度突き刺して、これを退治したという逸話がある[4]

工藤景光の怪異[編集]

音止めの滝
曽我兄弟の仇討ちで有名

5月27日の狩りの最中、頼朝の前に突然、大鹿が走ってきた。頼朝のそばにいた工藤景光が鹿を射ることを願い出て許された。弓矢の名手である景光は3度まで射たが、すべて外れた。景光は「自分は11歳のころから狩猟を生業として70余年になるが、未だかつて獲物を仕留められなかったことはない。これはあの大鹿が山神のお乗りになる鹿に違いない。自分の命運も縮まった。後日皆で思い合わせてほしい」と言った。人々も奇異に思っていたところ、晩になって景光は病に倒れてしまった。頼朝は「これは非常な怪異だ。狩りを中止して帰還すべきだろうか」と言ったが、宿老たちがその必要はないと進言したため、翌日から7日間狩りを行うことになったという[5]

曽我兄弟の仇討ち[編集]

5月28日には曾我祐成曾我時致の兄弟が父親の仇である工藤祐経を討つ曾我兄弟の仇討ちが起こった[6]

その後の富士の巻狩[編集]

二代将軍となった源頼家も父に習い、1203年建仁3年)に富士の巻狩を行っている。またこの地は度々巻狩が行われたようである。仁田忠常の人穴の探索が有名である。

絵画などに見られる富士の巻狩り[編集]

紙本著色富士巻狩図
江戸時代に作成されたとされる絵画で、金屏風に描かれた作品。
板絵着色絵馬富士の巻狩り
巻狩りの様子や富士山が描かれている。

祭事[編集]

やぶさめまつり
富士の巻狩りの際、武将を率いて現在の静岡県富士宮市にある富士山本宮浅間大社に詣き、流鏑馬を行った。このことから富士山本宮浅間大社では毎年「やぶさめまつり」が行われている。
富士の巻狩りまつり
静岡県富士宮市で行われている。

画像[編集]

四日市祭「富士の巻狩り」
暴れまわる大猪を諏訪神社境内へ追い込み、子どもが扮した源頼朝公以下の侍たちが射止める。
四日市祭 南浜田町 邌物 「富士の巻狩り」(四日市市指定無形民俗文化財)
三重県四日市市諏訪神社祭礼である四日市祭に奉納される風流のひとつ。安永年間(1772年 - 1781年)の記録にも見え、江戸時代の画家・司馬江漢の日記の天明8年(1788年)に「富士の巻き狩りの邌物を見物す」と記されている。
暴れまわる全長4mを超えるハリボテの大猪を、煌びやかな衣装をつけた子ども武者(馬上の源頼朝、北条時政、曽我五郎ら)が射止める。
文化勲章受章作家丹羽文雄の作品「菩提樹」に、この邌物の様子がいきいきと描かれている。
江戸期の山王祭神田祭など
文化13年(1816年)の序がある武陽隠士という浪人らしき人物が記した「世事見聞録」という随筆の「五ノ巻 諸町人の事」という一節に、当時の裕福な町人の子どもは、武士の子に比べ贅沢に育てられているとした上で、次の文章が記されている。
「右の子供等が、山王・神田その外の祭礼に出づる時は、古今目を驚かしたる風情なり。先づその男女(子供)を神功皇后・八幡太郎・頼光・義経朝臣などの大将に仕立て、あるいは富士の巻狩りなどの催し、唐織・金襴・縮緬・緞子・紗綾など、十重も二十重も著し、それに付属する族も幾人となく美少人を揃え置き、みな羅紗・猩々緋・天鷲絨・ゴロフクリンなど、供の奴までも装い、父母をはじめ大勢の下人ども付き添いて、それぞれ美服を装い、腰の物・下げ物・髪の物など善美を尽くし、とにもかくにもこの上のなき程に取り飾り、また女芸者・踊子など売女をそろえて雇い上げ、三味線・鼓弓・笛・太鼓そのほか音曲の囃子方を雇い、髪の物を揃え、綾羅を揃えて飾りなすなり。右の入用金五百両の上、千両などにも至るというなり。武士の二千石、四千石の一ヶ年に入る所務を、一人の子供、一日の祭礼に費やすなり。」
前項の四日市の富士の巻狩りがこの文章の風情をよく受け継いでいる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 吾妻鏡』建久4年(1193年)5月16日条
  2. ^ 『吾妻鏡』建久4年(1193年)5月22日条
  3. ^ 坂井孝一『曽我物語の史実と虚構』吉川弘文館、2000年
  4. ^ 真名本『曽我物語』巻八
  5. ^ 『吾妻鏡』建久4年(1193年)5月27日条
  6. ^ 『吾妻鏡』建久4年(1193年)5月28日条、29日条など

関連項目[編集]