密室のサクリファイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
密室のサクリファイス
ジャンル トラップアドベンチャー
対応機種 プレイステーション・ポータブル
開発元 インテンス
発売元 ディースリー・パブリッシャー
人数 1人
メディア UMD/ダウンロード
発売日 日本の旗 2010年2月4日
対象年齢 CEROC(15才以上対象)
デバイス メモリースティック(Pro)Duo対応
テンプレートを表示

密室のサクリファイス』 (みっしつのさくりふぁいす) は、2010年2月4日ディースリー・パブリッシャーから発売されたプレイステーション・ポータブル用アドベンチャー/サスペンス ゲーム。

概要[編集]

その先にあるのは、希望か? 絶望か?

脱出ゲームとサスペンス調のストーリーが融合した、トラップアドベンチャー。 地下施設内に取り残された5人の少女たち。 彼女たちの行く先に待ち受ける出会い、友情、裏切り、そして、サクリファイス(犠牲)。

サクリファイスの世界[編集]

地底深くに建造された巨大な生活施設「ファウンデーション」 真実は、長い年月の中に風化し、その歴史は遥か昔に消え去ってしまった。 今や、この地中に存在するこのファウンデーションだけが人々にとっての「世界」となっていた。

そこを突如襲った「異変」が5人の少女の運命を変えた。 取り残された5人の少女たちは、その過酷な状況で生き残らねばならなかった。

今ファウンデーションは崩壊の危機に立たされている。

5人の少女たちにも最後の、長い試練の時が 今、訪れる――。

登場人物[編集]

主人公[編集]

ミキ
- 真堂圭
15歳。スポーツが得意で将来有望な高飛びの選手だったが、怪我により諦めてしまう。更にある事故(事件)によって両親と片足の自由を失ってしまう。それ以来、その事件の元凶となった人物を殺す事を生きる目的のように考えてしまっている。
アスナ(アナスタシア)
声 - 喜多村英梨
16歳。愛らしい容姿のおかげで人の輪の中心にいることが多く、それ故プライドは高いが精神面では幼い少女。
ミキの前に血塗れで、それも被曝していると言う奇妙な状態で現れる。
クロエ
声 - ゆかな
16歳。ある目的のためにファウンデーションを彷徨う。天才的な頭脳と判断力で目的のためには手段を選ばない。場合によっては仲間を欺き、利用する事も、平気で危険に晒す事もあるが、一方で仲間想いな一面を見せる事も。
実は犯罪組織「セクト」のメンバーであり、組織の目的である「地上」へ羨望を抱いている。
オルガ
声 - 伊藤静
17歳。長い銀髪が目を惹く知的な少女。高名な医者の一人娘で厳しい教育を受けてきた優等生。
簡単な医療知識を持っていて、グループの中ではリーダー的な存在。それ故にまとめ役として苦労が絶えない。
イトカ
声 - 大亀あすか
17歳。いつもオドオドしている、素性が謎に包まれた少女。メンバーの中では年上な筈だが、その言動や行動は幼く、いつも他のメンバーに振り回される。夢を通じて他人の過去を見通す力を持つが・・・。

その他[編集]

オレンジ(謎の女)
声 - 甲斐田裕子
「セクト」に所属するテロリスト。嘗てテロに巻き込まれたミキを助けた事があり、しばらく(少なくともミキにとっては)友人関係を築いていた。クロエとも深い関わりがあり、彼女をセクトに引き抜いた張本人でもある。
作戦に失敗し、死亡したと思われていたが・・・。
ホノカ
声 - 高本めぐみ
アスナのクラスメイト。内気な性格でアスナに依存してしまっている。幼少の頃、アスナに助けられたことがあり、それ以後アスナを慕っている。しかし、アスナのある一言を発した翌日、命を絶ってしまう。彼女を助けられなかった事がアスナにとってトラウマとなっている。
オルガの父
声 - うすいたかやす
医局のトップ。政府の極秘計画に携わっているようだ。
公私にわたって厳粛であり、娘オルガに対しても甘やかしは一切しない。

システム[編集]

「脱出ゲーム」を基本システムとするトラップアドベンチャー。ステージを選択後、会話シーンの後に脱出ゲームに移行する。カーソルを操作し、画面上の様々なオブジェクトを調べ、アイテムを入手したり、スイッチを操作したり、時には謎を解いたりして脱出を目指す。アイテムは単独で使用する他に組み合わせて使うものもある。脱出に成功するとステージクリアとなり、新たなステージが出現する。一度クリアしたステージは再挑戦は出来ないが、一度でもエンディングを見た後は「やり直しプレイ」が可能となり、クリア済みのステージからやり直す事が出来る。
基本的には一般的な脱出ゲームと大差ないシステムとなっているが、本作の大きな特徴として、その難易度の高さが挙げられる。殆ど背景に溶け込んでいるような部分や、画面上の本当に小さなポイントをクリックしなければならなかったり、暗号や謎解きの多くはヒントが極端に少なく、あっても判り難いものばかりなど、他の脱出ゲームとは一線を画すほどの理不尽とも言える高難易度を誇る。
主人公は五人存在し、それぞれのステージで操作する主人公が異なる。後半からは選んだステージによって主人公達の生死が分かれ、また、各主人公の最終ステージは特定の順番でステージをクリアしなければ出現しない仕様となっており、それぞれエンディングが用意されている。五人目のイトカの最終ステージは本作の最終章であり、初めはロックが施されているが、他の四人の最終ステージを攻略する事によって解禁される(とは言え、やはり他の最終ステージ同様、特定の順番でステージをクリアしなければ出現しない)。このステージをクリアする事でグランドフィナーレを迎える。

スピンオフ[編集]

スピンオフタイトルは硬派な内容の本編と比べ、胸揺れやコスチューム変更などギャルゲーとしての要素が強くなっている。
ある閉鎖施設からの脱出~密室のサクリファイス~
主人公の一人イトカをフィーチャーした携帯用アプリ。記憶を失くし目覚めた主人公が、コールドスリープされていたイトカと協力して閉鎖施設からの脱出を図るという内容。
密室のサクリファイス~イトカ:ある閉鎖施設からの脱出~
2010年10月21日より配信が開始されたPSPダウンロード専用タイトル。上記のアプリをベースに、PSP用にグラフィックの一新やサウンドの追加、フルボイス化などのクオリティアップをしたもの。
密室のサクリファイス~ミキ:ハイテンションナイト~
2011年4月21日より配信が開始されたのPSPダウンロード専用タイトル。主人公の高性能お掃除ロボットがミキと共に体育倉庫からの脱出を図るという内容。時系列が本編より過去のため、本編と違いミキは明るい女の子として登場する。

関連作品[編集]

外部リンク[編集]