寅年現象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

寅年現象(とらどしげんしょう)とは寅年参議院議員通常選挙において、投票率が上昇する現象。

概要[編集]

寅年は参議院選挙が行われ統一地方選挙を1年後に控える年である。1947年に参院選と統一地方選が同じ年に行われて以降、統一地方選挙は4年に1度、参議院選挙は3に1度行われている。そのため4と3の最小公倍数である12年に1度、「来春の統一地方選挙を控える夏の参議院選挙」が行われていて、それが寅年にあたる。

寅年の参議院選挙は翌年に統一地方選挙を控えており、地方政治家たちは自分と距離が近い人物が参議院議員になることができれば、来年の統一地方選挙で自分たちが勝利しやすくなるため、参議院選挙で力を入れて運動をするようになる。地方政治家たちが参議院選挙に力を入れることによって、参議院選挙の投票率が上昇するとされる。

日本国憲法施行後の寅年には1950年1962年1974年1986年1998年2010年がある。

1998年までの5回の選挙においては、前回又は次回の通常選挙に比べ投票率は上がったが、2010年の参院選では前回の2007年の参院選に比べ投票率は下がった。

命名者は朝日新聞記者石川真澄

関連書籍[編集]

  • 石川真澄『戦後政治史 新版』(岩波新書、2004年)

関連項目[編集]