家 (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

』(いえ)は、島崎藤村の長編小説。1910年1月1日から5月4日まで「読売新聞」に「上巻」を連載。翌年、「中央公論」に1月、「犠牲」の題名で「下巻」の「一」から「五」を、4月、「六」から「九」を、続編として発表。11月に緑陰叢書第三篇として自費出版。

小泉家と橋本家という二つの旧家の没落を、相互の歴史を明らかにし、新時代の「家」と対比して描いた作品。小泉家は藤村の生家である島崎家を、橋本家は藤村の姉園が嫁いだ高瀬家をモデルとしており、明治期の家長制度を描写している。自然主義の到達点とされる[誰によって?]

あらすじ[編集]

木曾には小泉家と橋本家という二つの旧家が存在する。その家長の小泉実と橋本達夫は、伝統的な旧家の生き方などに縛られ時代から取り残されつつある。一方、その後を継ぐ橋本正太と、達夫の弟の小泉三吉は、自らが旧家の生れであるという呪縛から逃れられない。

家を助けようとした正太は株に手を出したが失敗し、女性関係にも悩まされ名古屋で没する。三吉は夫婦関係や兄との援助関係に悩みつつも作家として大成し、一家の大黒柱のような存在になっていく。

登場人物[編集]

小泉三吉

島崎藤村自身。妻はお雪。

橋本正太

モデルは高瀬兼喜。薫の長男。事業に失敗し、病のため没する。

小泉実

モデルは島崎秀雄。小泉忠寛(モデルは藤村の父)の子。

橋本達夫

モデルは高瀬薫。橋本家の家長。妻はお種。

外部リンク[編集]