家近亮子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

家近 亮子(いえちか りょうこ)は、日本政治学者敬愛大学国際学部教授。専門は中国近現代政治史

略歴[編集]

1977年慶應義塾大学法学部卒業。1980年、同大学院法学研究科修士課程修了。1992年、同大学院法学研究科博士課程満期退学。2001年、「南京国民政府の研究 : 支配の不浸透要因の分析」により、慶應義塾大学より博士(法学)の学位取得[1]。1998年より敬愛大学国際学部助教授・准教授(-2008年)、2008年より現職。

蒋介石時代の中華民国史研究を専門としており、特に近年は「蒋介石日記」を活用した外交政策分析を中心に研究を発表している。

著書[編集]

単著[編集]

  • 蒋介石と南京国民政府――中国国民党の権力浸透に関する分析』(慶應義塾大学出版会, 2002年)
  • 『日中関係の基本構造――2つの問題点・9つの決定事項』(晃洋書房, 2003年)
  • 『蒋介石の外交戦略と日中戦争』(岩波書店, 2012年)

編著[編集]

  • 『中国近代政治史年表』(晃洋書房, 1993年)
  • 『中国近現代政治史年表』(晃洋書房, 2002年/増補版, 2004年)

共編著[編集]

  • 小島朋之)『歴史の中の中国政治――近代と現代』(勁草書房, 1999年)
  • 唐亮松田康博)『5分野から読み解く現代中国――歴史・政治・経済・社会・外交』(晃洋書房, 2005年/改訂版, 2009年)
  • (松田康博・段瑞聡)『岐路に立つ日中関係――過去との対話・未来への模索』(晃洋書房, 2007年/改訂版, 2012年)

編纂史料[編集]

  • 橘樸『橘樸 翻刻と研究――「京津日日新聞」』(慶應義塾大学出版会, 2005年)

出典・脚注[編集]

  1. ^ 南京国民政府の研究 : 支配の不浸透要因の分析 家近亮子”. 国立国会図書館. 2012年10月6日閲覧。