家森信善

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
家森信善
生誕 1963年8月??
研究分野 金融
実績 現代経済理論を基盤とした金融システムの実証的研究
テンプレートを表示

家森 信善(やもり のぶよし、1963年8月[1] - )は、日本経済学者神戸大学大学院経済経営研究所教授。

来歴・人物[編集]

1963年滋賀県に生まれる。1986年滋賀大学経済学部を卒業後、1988年神戸大学大学院経済学研究科博士前期課程修了。2014年より現職。専門は金融論。

学外においては、コロンビア大学サンフランシスコ連邦準備銀行の客員研究員、大阪大学社会経済研究所招聘教授、金融庁金融審議会専門委員、経済産業省産業構造審議会委員、財務省独立行政法人評価委員会委員、東海財務局金融行政アドバイザー等を歴任[2]

年譜[編集]

  • 1963年 - 滋賀県生まれ
  • 1986年 - 滋賀大学経済学部卒業
  • 1988年 - 神戸大学大学院経済学研究科博士前期課程修了
  • 1989年 - 神戸大学大学院経済学研究科博士後期課程中退
  • 1989年 - 姫路獨協大学経済情報学部助手
  • 1990年 - コロンビア大学ビジネススクール客員研究員
  • 1991年 - 姫路獨協大学経済情報学部専任講師
  • 1994年 - 姫路獨協大学経済情報学部助教授
  • 1995年 - 名古屋大学経済学部専任講師
  • 1996年 - 名古屋大学経済学部助教授
  • 1998年 - コロンビア大学ビジネススクール客員研究員
  • 1999年 - サンフランシスコ連邦準備銀行及びコロンビア大学ビジネススクール客員研究員
  • 2000年 - 名古屋大学大学院経済学研究科助教授
  • 2003年 - 名古屋大学高等研究院教員
  • 2004年 - 名古屋大学経済学研究科教授
  • 2014年 - 神戸大学経済経営研究所教授

主な受賞歴[編集]

  • 1999年 - 生活経済学会奨励賞
  • 2001年 - 金融ジャーナル賞優秀賞
  • 2001年 - 社団法人・全国信用保証協会連合会創立五十周年記念懸賞論文・優秀賞
  • 2002年 - 総務大臣表彰
  • 2004年 - 日本郵政公社総裁表彰
  • 2004年 - 日本商品先物振興協会・「商品先物に係る懸賞論文」・最優秀論文賞
  • 2005年 - 商工総合研究所・中小企業研究奨励賞・本賞
  • 2005年 - 簡易保険文化財団・優秀研究賞
  • 2005年 - 日本地域学会・著作賞
  • 2008年 - M&Aフォーラム正賞 (分担執筆書に対して)
  • 2009年 - 日本FP学会・第4回 日本FP学会奨励賞

著書[編集]

単著[編集]

  • 『生命保険金融の経済分析』(千倉書房、1995年)
  • 『日本の金融機関と金融市場の国際化』(千倉書書、1999年)
  • 『教養としての金融知識』(中央経済社、1999年)
  • 『基礎からわかるマクロ経済学』(中央経済社、2001年)
  • 『信頼できる銀行ってこんなに簡単にわかるんだ!』(中央経済社、2003年)
  • 『地域金融システムの危機と中小企業金融-信用保証制度の役割と信用金庫のガバナンス-』(千倉書房、2004年)
  • 『はじめて学ぶ金融のしくみ』(中央経済社、2004年)
  • 『図解 これだけでわかる日本の金融』(東洋経済新報社、2006年)
  • 『基礎からわかるマクロ経済学 第2版』(中央経済社、2007年)
  • 『はじめて学ぶ金融のしくみ 第2版』(中央経済社、2008年)
  • 『大波乱時代の個人投資』(千倉書房、2009年)

共著[編集]

  • 『基礎からわかるミクロ経済学』(小川光 中央経済社、2003年)
  • Global Information Technology and Competitive Financial Alliances, with Y.Kurihara, S.Takaya, N.Nishigaki, I.Henrique, P.Sadorsky, K.Harimaya, Y.Asai(Idea Group Publishing, 2006)
  • Japanese Fixed Income Markets: Money, Bond and Interest Rate Derivatives "jointly worked", co-edited with J.A.Batten, T.A.Fetherston, P.G.Szilagyi, R.Coman, M.Young, F.M.Chin, R. Jerram, R.A.Werner, S.Pynnonen, W.P.Hogan, H.Bystron, C.A.Ellis, L.M.Fairchild, Y.S.Chin, N.Nishigaki, Y.Asai(Elsevier-North Holland, 2006)
  • 『基礎からわかるミクロ経済学(第2版)』(小川光 中央経済社、2007年)
  • A New Japan for the Twenty-First Century "jointly worked", co-edited with Narunto Nishigaki, and others(Routledge, 2008)

編著[編集]

  • 『はじめて学ぶ保険のしくみ』(中央経済社、2009年)
  • 『地域の中小企業と信用保証制度 - 金融危機からの愛知経済復活への道』(中央経済社、2010年)

共編著[編集]

  • 『経済政策講義』(丸谷れい史、中央経済社、1994年)
  • 『現代金融論講義』(藤原賢哉、中央経済社、1998年)
  • 『ポストビッグバンの金融システム』(千田純一、千倉書房、2001年)
  • 『金融論入門』(藤原賢哉、中央経済社、2002年)
  • 『東海地域の産業クラスターと金融構造-躍進する名古屋経済の強さを探る-』(多和田眞、中央経済社、2005年)
  • 『関西地域の産業クラスターと金融構造』(多和田眞、中央経済社、2008年)

訳書[編集]

  • J.M.ピアス『銀行業の将来』(藤田正寛、東洋経済新報社、1993年)
  • F.R.エドワーズ『金融業の将来』(小林毅、東洋経済新報社、1998年)
  • L.V.ベルゲ編『金融コングロマリット』(他6名 (財)生命保険文化研究所・文研叢書 24号、1998年)
  • J.E.スティグリッツ & B.グリーンワルド『新しい金融論-信用と情報の経済学-』(内藤純一、東京大学出版会、2003年)

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.351
  2. ^ その他の学外活動については下記HPを参照のこと。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]