家庭の事情 ネチョリンコンの巻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
家庭の事情
ネチョリンコンの巻
監督 小田基義
脚本 大畠玉樹
原作 三木鮎郎
出演者 トニー谷
春風すみれ
並木一路
有木山太
谷晃
音楽 多忠修
主題歌 「(不明)」(トニー谷)
撮影 藤井春美
製作会社 宝塚映画
配給 東宝
公開 日本の旗 1954年7月28日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 家庭の事情 おこんばんわの巻
テンプレートを表示

家庭の事情 ネチョリンコンの巻』(かていのじじょう ネチョリンコンのまき)は、1954年7月28日東宝系で公開された日本映画。モノクロ。スタンダード。宝塚映像作品。

概要[編集]

トニー谷主演の『家庭の事情』シリーズの第4作にして最終作。

本作は、この年起こった「ビキニ事件」をモチーフにしており、放射能マグロによってさびれたホテルをトニーが建て直すというもので、後半にはトニーが「ネチョリンコン」という外国人に扮し、得意のトニーグリッシュを披露しているが、話は意外な方向へと進む内容となる。

なお本作で『家庭の事情』シリーズは終了するが、トニー谷は同年12月21日東映で中編時代劇『さいざんす二刀流』(監督:丸根賛太郎)に主演、中編のみとはいえ1年に5本の映画に主演する事となる。

ストーリー[編集]

パチンコ屋の2階を間借りして経営している「太平洋宣伝会社」に、仕事の依頼が来た。依頼者は「桜ヶ浜」という海岸で「海浜ホテル」を経営している、坂巻敬介という男で、聞けば最近桜ヶ浜に放射能を帯びたマグロが打ち揚げられ、桜ヶ浜一帯は閑古鳥が鳴く状態だった。そこで立て直そうと依頼に来たのだ。社長の戸仁井谷夫は二つ返事でOKする。そして最初の作戦は、唯一の社員・土倉五郎を「バッタフライ」という偽の水泳名人に扮装させ、客を呼び込もうとする事だ。そして当日、戸仁井とバッタフライこと五郎が訪れた桜ヶ浜は黒山の人だかり、そして二人は坂巻から、娘の冬子などを紹介される。やがて後日、バッタフライによる水泳エキシビジョンが催された。だがバッタフライになっている五郎は泳げない。そこで一計を案じた戸仁井は五郎をボートに乗せて海上へ連れて行くと、五郎を海に放り込み、鱶のおもちゃを浮かばせ、五郎をあわてさせて泳がせる。何も知らない客は大喜び、エキシビジョンは大成功となり、戸仁井は冬子に慕われた。

だが面白くないのが坂巻の部下・黒井部長。実は黒井はホテルを手中に納めるべく、冬子と結婚を企んでおり、放射能マグロの件もその一環の芝居だったのだ。そこで黒井は仲間の富江と協力し、戸仁井が催した「水着コンテスト」にヤクザを乱入させ、コンテストをメチャクチャにしてしまった。だが挫けない戸仁井は次なる作戦として、自分の知り合いである「ネチョリンコン」という外国の大富豪が「結婚したい」という事で、「花嫁コンテスト」を催す事にする。

さて当日、花嫁希望の女性達の前にネチョリンコンが現れた。そのネチョリンコンは戸仁井そっくり。それもそのはず、戸仁井が一人二役を演じていたからだ。そして冬子や親友のユリなどとコンテストを行うと、一人二役がばれない様に、ネチョリンコンは「日本ノ女、信用デキナイ、他ノ国デ奥サン探ス。残念パーティシマショウ。」と発言し、残念パーティーを行う。事が逆効果となり、富江にも見限られた黒井はヤケになり、冬子をさらってボートで逃げ出した。あわてた戸仁井はネチョリンコンの扮装でヨットに飛び乗り、大乱闘の末に冬子を救出、そして戸仁井は冬子に「ネチョリンコンはあなたを助けて岸まで来たが、力尽きた」と述べた。泣きじゃくる冬子。

やがてホテルにネチョリンコンの胸像が立てられた。その胸像を見て泣く冬子に対し、戸仁井は「僕を見て、彼を思い出して下さい」と慰める。だが冬子は自室に戻って泣くばかり、戸仁井は一心を決意し、冬子に「ネチョリンコンは架空の人物です」と発言、だが冬子は頑として信じなかった。仕方無く了解する戸仁井は、ネチョリンコンの胸像に向ってこう言った。「おいネチョリンコン、お前は世界一の幸せもんだぞ、銅像にはなるし、冬子さんには慕われるし、慕われてるお前は俺じゃないか、残された俺は一体誰なんだよ、俺は、オパポロポンじゃないか!」

やがて桜ヶ浜は活気が戻った。その活気を見た戸仁井は冬子への思いを心残りにしながら、桜ヶ浜を後にした……。

スタッフ[編集]

出演者[編集]

主題歌・挿入歌[編集]

主題歌「(不明)」

  • 作詞:(不明)/作編曲:多忠修/歌:トニー谷
  • 「あゝ家庭の事情!」の歌詞変え版。

挿入歌「ブクブク・マンボ」

  • 作詞:宮川哲夫/作編曲:多忠修/歌:トニー谷

同時上映[編集]

陽気な探偵

参考資料[編集]

関連項目[編集]