宮脇ゆきの

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宮脇 ゆきの(みやわき ゆきの、11月10日 - )は、日本漫画家神奈川県出身。血液型はA型。

来歴[編集]

1992年小学館の『ちゃおDX』冬休み増刊号にて掲載された、「夢の中であいたい」でデビュー。

デビュー以前は北川みゆきの元でアシスタントをしていた。

デビュー後は『ちゃお』とその派生誌にて活動していたが、『Cafe de ロマンス』の連載終了を機に、『ちゃお』から『ChuChu』(小学館)へと移籍。

2009年、『ChuChu』が休刊。同年、『Sho-Comi』(同)へと移籍。

2010年、『Sho-Comi』増刊号にて読み切り作品を発表。しかし、病気療養を理由に以後の活動を中断することとなり、2014年現在も活動再開の見込みは全く立っていない[1]

2018年9月2日付のブログ記事にて復帰のための準備を進めている旨が語られたが、具体的な活動はなお未定である。

趣味はスポーツ観戦。初期の作品にはスポーツ物が多く見受けられる。スポーツ観戦の趣味が高じて、第80回全国高等学校野球選手権大会阪神甲子園球場にて観戦、松坂大輔の決勝戦ノーヒットノーランを見届けたとも語っている[2]

刊行作品[編集]

読み切り[編集]

  • “すき”と言えない。 (ちゅちゅ2006年11月号別冊付録、単行本未収録)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ cafe de ゆきのん「そろそろ、」(2014年3月22日閲覧)
  2. ^ 1998年にリリースされた「神様のミステイク」単行本(小学館ちゃおフラワーコミックス)71ページの「近況報告」の中に、「甲子園で横浜高校の優勝を見届けた」と言う一文がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]