宮津天橋立インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:宮津天橋立本線料金所の画像提供をお願いします。2018年8月
宮津天橋立インターチェンジ
宮津天橋立IC 料金所
宮津天橋立IC 料金所
所属路線 E9 京都縦貫自動車道綾部宮津道路
IC番号 1
料金所番号 01-383(出入口料金所)
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0176.svg 宮津天橋立
起点からの距離 0.0km(宮津天橋立IC起点)
(11.2km) 舞鶴大江IC
所属路線 E9 山陰近畿自動車道宮津与謝道路
料金所番号 01-388(本線料金所)
起点からの距離 0.0km(宮津天橋立IC起点)
接続する一般道 京都府道9号綾部大江宮津線
供用開始日 2003年平成15年)3月2日
通行台数 x台/日
所在地 626-0035
京都府宮津市字喜多383−2
備考 本線料金所併設
テンプレートを表示

宮津天橋立インターチェンジ(みやづあまのはしだてインターチェンジ)は、京都府宮津市字喜多にある京都縦貫自動車道インターチェンジである。

概要[編集]

当ICは京都縦貫道と山陰近畿自動車道の起点である。また、本線料金所が併設されている。

京都縦貫道と山陰近畿道の起点(0KP)は別個存在し、その間の距離は0.3 kmである。京都縦貫道の起点から山陰近畿道の起点間のキロポストは、-(マイナス)が付けられており-0.2KPまで存在している。

歴史[編集]

周辺[編集]

接続する道路[編集]

料金所[編集]

出入口料金所[編集]

  • ブース数 : 5

入口[編集]

  • ブース数 : 2
    • ETC専用 : 1
    • ETC・一般 : 1

出口[編集]

  • ブース数 : 3
    • ETC専用 : 2
    • 一般 : 1

本線料金所[編集]

  • ブース数 : 4

綾部・京都方面[編集]

  • ブース数 : 2
    • ETC専用 : 1
    • ETC・一般 : 1

与謝・京丹後方面[編集]

  • ブース数 : 2
    • ETC専用 : 1
    • ETC・一般 : 1

当IC - 与謝天橋立IC方面を走行する場合でも料金所を通過する。当ICで流入し与謝天橋立IC方面へ向かうETC車以外の一般車は、入口料金所で通行券を受け取り、本線料金所で通行券を渡す必要がある。また、与謝天橋立IC方面から当ICで流出するETC車以外の一般車は、本線料金所で通行券を受け取り、出口料金所で通行券を渡す必要がある。ETC車は、ETC車載器にETCカードを挿入のうえでETCレーンを通過する[1]

[編集]

E9 京都縦貫自動車道綾部宮津道路
(1)宮津天橋立IC - (2)舞鶴大江IC
E9 山陰近畿自動車道宮津与謝道路
与謝天橋立IC - (1)宮津天橋立IC

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 辛皮トンネルを境目に「宮津会場」と「舞鶴会場」に分かれ、どちらかを歩くことができた。
  2. ^ 当時はETCレーンなし。

出典[編集]

  1. ^ 宮津与謝道路のご走行に関するご注意”. 京都府道路公社. 2011年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]