宮林謙吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宮林 謙吉(みやばやし けんきち、1967年1月 - )は、日本の物理学者奈良女子大学理学部物理科学科教授。博士(理学)

研究分野[編集]

主な研究分野は、高エネルギー実験物理学。ベル実験に参加し、非対称電子・陽電子コライダー、BファクトリーによるB中間子の崩壊におけるCP非保存の研究に携わっている。B中間子のチャーモニウム崩壊の研究を主導している。

略歴[編集]

  • 1985年 - 愛知県立千種高等学校卒業
  • 1994年 - 名古屋大学理学研究科物理学専攻博士課程を中退、名古屋大学にて理学の論文博士を取得
  • 1994年 - 奈良女子大学理学部助手
  • 1998年 - 奈良女子大学理学部助教授
  • 2016年 - 奈良女子大学理学部教授

リンク[編集]