宮松重紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宮松 重紀(みやまつ しげき、1963年-)は、日本の指揮者


来歴

   横浜生まれ。横浜国立大学を卒業後、東京藝術大学指揮科を首席にて卒業する。
   指揮を山田一雄、遠藤雅古の各氏に師事。イタリアのキジアーナ音楽院では、ロジェストヴェンスキーに師事。
   東京二期会や日生劇場等のオペラ公演において、小澤征爾、若杉弘、外山雄三、大野和士らの下で研鑽を積む。
   1989年、新星日本交響楽団を指揮してデビュー。1992年、東京オペラ・プロデュース公演《ドン・ジョヴァンニ》でオペラデビュー。
   以来、東京フィルハーモニー交響楽団・東京交響楽団・東京シティフィルハーモニック管弦楽団・神奈川フィルハーモニー管弦楽団・仙台フィルハーモニー管弦楽団・群馬交響楽団・広島交響楽団・大阪センチュリー交響楽団・中部フィルハーモニー交響楽団等を数多く指揮。
   特に東京フィルとの関係は長く、指揮した演奏会は100を超えている。
   また新国立劇場や二期会を始め、全国各地でのオペラ公演も数多く指揮。
   特に2001年、新国立劇場主催公演《花言葉》(ロッセリーニ作曲)では「大きな流れと繊細さを併せ持つ指揮者」(日本経済新聞)「歌手を自由にさせながら、オーケストラを歌わせる能力に舌を巻く」(音楽の友)と評される。
   2008年に渡伊、ミラノ・スカラ座にて研修。スカラ座公演、大野和士指揮《マクベス》に携わる。
   合唱指揮者として、サイトウ・キネン・フェスティバル松本、ウイーン・フィルハーモニー来日公演(小澤征爾指揮)、サンクトペテルブルク・フィル(テミルカーノフ指揮)、東京のオペラの森管弦楽団(ムーティ指揮)、その他、NHK交響楽団、東京都交響楽団、読売日本交響楽団の定期演奏会等に客演する。
   また、東京オペラシンガーズとの関係も大変深く、東日本大震災チャリティー・コンサート《第九》(ズービン・メータ指揮NHK交響楽団)を始め、数多くの公演を指揮する。
   2015年、フランス放送合唱団の音楽監督マティアス・ブラウアーの招聘により、同合唱団の定期演奏会への客演が予定されている。
   ピアニストとして、東京フィル、読売日響のメンバーとサロンコンサートや、歌手のリサイタルの伴奏をする。「劇的な表現にもかかわらず歌手と一つに溶け合う」(「神奈川新聞」)と評される。
   クラシック以外にも活動を広げており、エイベックスから東京フィルによるアニメ音楽のCDが発売されている。
   現在、母校である横浜国立大学の講師として、後進の育成に情熱を注いでいる。 


 彼の指揮からは人間的な温かみと、シャープさを兼ね備えた音が生まれる。オペラを中心に活動している彼だが、オーケストラ公演でも、まず器楽奏者に歌わせることを徹底させる姿勢がうかがえる。上の批評の通り、楽器を歌わせる技術は他の指揮者の追随を許さない。

参照[編集]