宮村智

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宮村 智(みやむら さとる、1946年11月26日 - )は、三重県出身の元大蔵官僚

学歴[編集]

職歴[編集]

  • 1969年7月 大蔵省入省
  • 1985年6月 大臣官房企画官兼国際金融局調査課
  • 1986年5月 OECD日本政府代表部 参事官(在パリ)
  • 1989年6月 国際金融局 開発機関課長
  • 1991年6月 関税局 国際機関課長
  • 1992年7月 関税局 企画課長
  • 1993年6月 関税局 総務課長 
  • 1994年7月 名古屋税関
  • 1995年7月 国際復興開発銀行 東京事務所長
  • 1998年6月 国際復興開発銀行 理事(在ワシントン)
  • 2000年5月 大蔵省退官
  • 2000年6月 日本電信電話取締役第4部門長
  • 2002年6月 日本電信電話常務取締役第4部門長
  • 2004年7月 駐ケニア特命全権大使(在ナイロビ
  • 2007年10月 損保ジャパン総合研究所 理事長兼損保ジャパン顧問
  • 2009年5月 髙島屋社外取締役( - 2014年5月20日[1]
  • 2009年8月 SBJ銀行代表取締役社長
  • 2013年7月 SBJ銀行顧問(現職)
  • 2017年4月 瑞宝中綬章受章

同期入省者[編集]

中川雅治(参議院議員)、増原義剛(前衆議院議員)が同期入省者である。1969年入省組は次官レースのトップを走っていた杉井孝(弁護士)が不祥事で辞職したこともあり、財務事務次官が出なかった。

著書[編集]

  • 『貧しくとも魅力溢れるアフリカの大地から』(毎日新聞社、2008年3月)

脚注[編集]

  1. ^ 「人事、高島屋 」日本経済新聞2014/4/8