宮本辰彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

宮本 辰彦(みやもと たつひこ、1964年 - )は、ヨガ講師、随筆家

略歴[編集]

大化の改新中臣鎌足を祖とする神職学者医師の家系に生まれる。大分県宇佐市下敷田出身で、二葉山神社(別名八大龍王宮)が本家にあたる。一族の出身では江戸時代の学僧であった寂室堅光(1753~1830)が有名で、多くの詩文や著作が残されている。また、辰彦の父の曾祖父の兄は、近世大坂国学界の逸材と言われた国学者敷田年治(1817~1902)で、皇學館大學の前身、神宮皇學館の創設に関わり、初代学頭となる。その孫であり辰彦の伯父は住吉大社宮司・敷田年博。辰彦の父包厚は阪神大震災当時、神戸市衛生局長を勤め、厚生省から出された遺体の野焼き案に対して、故人の尊厳と遺族心情を理由に異を唱え、被災が冬だったことも手伝い、野焼きが回避される(この時の様子は2009年1月17日のNHKスペシャル「阪神・淡路大震災 秘められた決断」)。この決断はのちに起こる東日本大震災の遺体の取り扱いに方向性を示す。

辰彦の幼少時は医学者であった父、包厚のコロンビア大学での研究のため、両親と共に渡米し、米国で生活する。1995年(平成7年)1月17日に、Tatsu(自立・立志・出立)を開設。カルチャースクールなどで瞑想、ヨガ、呼吸法を指導。

2014年に聖徳太子以来の「和の精神」を「WA」という新たな概念(循環と調和と寛容の精神)として、国内外へ発信するために和プロジェクトTAISHIを発足。

2017年9月21日の国際平和デーには、全国47社の護国神社と大阪万博記念公園で同日一斉の世界平和の奉納揮毫を主催。全国一斉の奉納は神社界において、また流派や派閥を超えた揮毫は書道界において大変珍しく、全国マスコミ各社で大きく取り上げられる。

同年12月25日のクリスマスには、天河大弁財天社(奈良県)で「五體八種 愛の奉納揮毫」と題し、全国8名の書家により「愛」の一文字を5書体で揮毫する奉納を主催。

2018年2月11日の建国記念の日には、初代神武天皇を祀る九州の宮崎神宮と奈良の橿原神宮の両神宮で慶祝揮毫を主催。4月3日の十七条憲法制定の日には、聖徳太子建立七大寺の1つで奈良県明日香村にある太子生誕の橘寺を含め、全国17都県18ヶ寺で同日一斉の以和為貴の奉納揮毫を主催。昨年9月21日に続き、全国マスコミ各社で大きく取り上げられる。

著書に戦後60周年を記念して出版された『この国を愛するために 靖国』、『成功幸せを手に入れる瞑想力』、『自分すれば、幸せになれる!』、『「生まれ変わる」極意 人生を好転させるお正月とお盆の過ごし方』、『幸せに生きる。はじめての瞑想』がある。

思想[編集]

講座や著作では自己啓発人生論について多く語っている。人生の目的は人格完成にあり、それは「」を身につけることと、「創造力」を養うことにある。人生には自らの力で変えることのできる「運命」の部分と、変えることのできない「宿命」の部分で成り立っているが、運命創造力を養うため、宿命を学ぶためにあるという。

個々人が幸せになるためには、まず自分をきちんと愛さなければ成り立たない。「自愛」が「慈愛」に通じ、自分を愛することができた時に、初めて他人を正しく愛することができると説いている。

特にについては独創的な理論を展開している。を身につけるためには「知情意」の三つをバランス良く実践しなければならない。を身につけたいという強い「意志」を前提に、人生のさまざまな喜怒哀楽の中で、を感じるための「」を育み、さらにについての「知識」を学び、それに基づく理性によって、をしっかりとコントロールしなければならない。この知情意の実践によっての三原則、すなわち「許す心」「祈る心」「活かす心」が芽生えるのだという。そして、この三つの心が螺旋のように循環して、一つの思いになったものが「愛」であると説く。

を感じるためにはを育まなければならないが、が豊かだからといって、溢れる人とは限らない。むしろが強ければ、正しく愛するための妨げになることすらある。だから、についての明確な理論をしっかりと習得し、確立しなければならないという。

また宮本辰彦の話は、日本人の精神性や日本国の目指すべき姿にも及んでいる。その中核となるのが「和を以て貴しとなす」という、聖徳太子以来の「和の精神」に基づいている。仲良しが仲良くするのは当たり前のことで、これを殊更に和の精神というべきものではない。仲良く出来ない者同士がいかに仲良くするか、それこそが和の精神に他ならない。

そして、和するためには結局のところ、たとえ相手がどのようなものであれ、相手を赦し、受け入れ、認めるという、相手を許す心があって、初めて和することが出来るのだという。すなわち、日本の「和の精神」は、あのイエスの説いた「」にも匹敵する、許しの思想であり、それが「水に流す」という言葉で表される、神道の基本である「禊ぎ」の概念へと完成されていく。

「水に流す」というのは、過去の責任を放棄するという無責任を意味するのではなく、過去の行いを許す(赦し、受け入れ、認める)という許しの精神。日本人の精神性として武士道がよく取り上げられているが、これは新渡戸稲造が百年前に世界に向けて著したもの。それより遙か昔に日本国の礎を築いた聖徳太子が打ち立てたのが、「和をもって貴しとなす」という和の精神。

そして、この「和の精神」こそが、世界の恩怨を解く鍵だという。二度に渡る原爆を落とされながらも、ここまで過去の敵国であるアメリカを赦し、受け入れ、水に流した結果が、今日の日本の奇跡の復興であり、正にその証だといえる。そのような日本人を「お人好し」だという言い方をするが、むしろ「許しの思想」を持つ「和の民族」と捉えた方が的確。 これこそが世界がこれから直面する、地球的規模の難局を乗り越えるために、世界の人々に指し示すべき太子より受け継いだ日本人の思想だと提唱している。

著書[編集]

外部リンク[編集]